• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 公害 > 低濃度PCB廃棄物の無害化処理認定申請に係る環境大臣の告示について

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

低濃度PCB廃棄物の無害化処理認定申請に係る環境大臣の告示について

低濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の無害化処理認定申請について、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第15条の4の4第3項において読み替えて準用する第15条第4項の規定により、環境大臣の告示がありましたので、お知らせします。

申請書の縦覧は、8月10日(金曜日)までになります。縦覧書についてご意見のある方は、8月24日(金曜日)(必着)までに環境省関東地方環境事務所(住所等下記意見書の提出先参照)へ意見書を送付願います。

詳しくは環境省のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

告示の日

平成30年7月11日(水曜日)

申請の概要

申請者の住所、名称、代表者の氏名

横浜市鶴見区寛政町20番1号

東芝環境ソリューション株式会社

代表取締役増山宏

区内施設設置場所

 東京電力パワーグリッド株式会社新花畑資材置き場

足立区西加平二丁目9番5(地番)

 (住居表示、足立区西加平二丁目2番1号)

施設の種類

廃ポリ塩化ビフェニル等の分解施設、ポリ塩化ビフェニル汚染物の洗浄施設

処理を行う廃棄物の種類

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第2条の4第5号イに規定するPCB廃棄物のうち、

電気機器又はCFケーブル(ポリ塩化ビフェニルを絶縁材料として使用した電気機器又はCFケーブルを除く。)に使用された絶縁油であって、微量のポリ塩化ビフェニルによって汚染されたもの(以下「微量ビフェニル汚染絶縁油」という。)が廃棄物となったもの

ポリ塩化ビフェニニル汚染物のうち、微量ポリ塩化ビフェニル絶縁油が塗布され、染み込み、付着し、又は封入されたものが廃棄物となったもの

申請書縦覧

主な縦覧場所

  • 足立区環境部生活環境保全課(足立区中央本町一丁目17番1号足立区役所本庁舎南館11階)
  • 環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課(千代田区霞が関一丁目2番2号中央合同庁舎5号館23階)
  • 環境省関東地方環境事務所廃棄物・リサイクル対策課(埼玉県さいたま市中央区新都心11番地2明治安田生命さいたま新都心ビル18階)
  • 東京都環境局資源循環推進部産業廃棄物対策課(新宿区西新宿二丁目8番1号)

縦覧期間

平成30年7月11日(水曜日)から平成30年8月10日(金曜日)まで

意見書の提出

提出先

環境省関東地方環境事務所廃棄物・リサイクル対策課

郵便番号330-6018

埼玉県さいたま市中央区新都心11番2号明治安田生命さいたま新都心ビル18階

ファクス:048-600-0521

提出期限

平成30年8月24日(金曜日)必着

提出方法

意見書の様式は問いませんが、日本語で記載してください。

記載事項

  • 生活環境保全上の見地からの意見
  • 氏名及び住所
  • 利害関係を有する理由

関連情報

 

 

お問い合わせ

環境部生活環境保全課

電話番号:03-3880-5304

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-hozen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?