• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 生活環境 > 足立区生活環境の保全に関する条例(通称:ごみ屋敷対策事業)

ここから本文です。

更新日:2017年10月5日

足立区生活環境の保全に関する条例(通称:ごみ屋敷対策事業)

事業の概要

現在、足立区では、『足立区生活環境の保全に関する条例』に基づき、近隣住民の生活環境に多大な影響を及ぼすような状態にある、いわゆる『ごみ屋敷』改善のための対策に取り組んでおります。

相談の例

「敷地内から溢れ出たごみが、悪臭を放っている。」

「空き地に雑草が繁茂している。」

「敷地内から生えている樹木が越境し、落ち葉等で迷惑している。」

上記のような状況があり、近隣にお住まいの方やご親族等でお困りの場合は、ぜひ、生活環境保全課までご相談ください。

空き地の草刈委託事業(有料)

足立区では、空き地の適正管理を目的とし、区内にある空き地の草刈委託事業(有料)を行っております。区内に空き地を所有・管理されている方を対象に、有料にて業者による草刈を実施するサービスです。草刈でお困りの方は、ぜひご活用下さい。

平成29年度の空き地の草刈単価(消費税別)は次のようになっております。

総面積100平方メートル未満の空き地(1平方メートルあたり153円)

総面積100平方メートル以上300平方メートル未満の空き地(1平方メートルあたり122円)

総面積300平方メートル以上500平方メートル未満の空き地(1平方メートルあたり102円)

総面積500平方メートル以上の空き地(1平方メートルあたり82円)

(注)草刈単価には、刈草の搬出及び処分料が含まれます。なお、草刈単価は毎年度、競争入札により業者と契約するため、変動いたします。

申請方法

生活環境保全課ごみ屋敷対策係に直接、必要書類を持参または郵送してください。

詳細につきましては、こちらの「ご案内(PDF:36KB)」をご参照ください。

申請時に必要な書類は次の(1)から(3)までです。

(1)申請書(PDF:14KB)

(2)空き地の面積を確認できる書類(登記簿謄本の写し等)

(3)空き地の場所が分かる書類(地図の写し等)

条例の概要

  1. 調査、指導・勧告の実施
    (1)適正に管理されていない土地や建物等の所有者を調査します。
    (2)土地や建物等が不良な状態にあり、近隣に被害を及ぼしていると認めたときは、指導・勧告を行います。
  2. 命令・公表・代執行の実施
    (1)指導・勧告を行ったにもかかわらず、改善されない悪質なケースの場合、命令・公表をすることができます。
    (2)正当な理由なく命令に従わなかった場合には、代執行を行なうことができます。
  3. 生活環境保全審議会の設置
    (1)区の対応方針について第三者の意見を求めるため、医師や弁護士、学識経験者、区民団体等の役員を含む『生活環境保全審議会』を設けます。
  4. 支援の実施
    (1)所有者等が自ら不良な状態を解消することが困難であると認めるときは、支援を行います。
  5. 参考資料
    足立区生活環境の保全に関する条例(PDF:13KB)

    足立区生活環境の保全に関する条例施行規則(PDF:9KB)

    条例の概要及び対策状況(PDF:49KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部生活環境保全課ごみ屋敷対策係

電話番号:03-3880-5410

ファクス:03-3880-5604

Eメール:e-kankyo5374@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?