• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 介護保険 > 介護保険サービス > 施設サービスの種類と費用のめやす

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

施設サービスの種類と費用のめやす

施設サービスは、どのような介護が必要かによって以下の3つのタイプに分かれます。この中から希望する施設を選び、利用者が直接申し込んで契約を結びます。
※要支援の方は施設サービスは利用できません。
※施設サービスの費用は、要介護度や施設の体制、部屋のタイプによって異なります。

生活介護が中心

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

つねに介護が必要で、自宅では介護ができない方が対象の施設です。食事・入浴など日常生活の介護や健康管理を受けられます。特別養護老人ホームは、入所の必要度の高い方から優先的に入所できるよう、入所優先度等を考慮して決定されます。申し込みは第1希望の特別養護老人ホームへします。要介護1または2の方は、特定の理由に該当し在宅生活が著しく困難な場合を除き、原則対象外となります。

1カ月あたりの施設サービス費(1割)のめやす

  • ≪従来型個室≫要介護1 17,887円から要介護5 26,618円
  • ≪多床室≫要介護1 17,887円から要介護5 26,618円
  • ≪ユニット型個室・ユニット型準個室≫要介護1 20,438円から要介護5 29,234円

※区内特別養護老人ホームの入所手続きに関する問い合わせ先
高齢福祉課施設係 電話03(3880)5498

介護やリハビリが中心

介護老人保健施設

病状が安定し、リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象の施設です。医学的な管理のもとでの介護や看護、リハビリを受けて、家庭への復帰をめざします。

1カ月あたりの施設サービス費(1割)のめやす

  • ≪従来型個室≫要介護1 22,727円から要介護5 29,561円
  • ≪多床室≫要介護1 25,114円から要介護5 32,079円
  • ≪ユニット型個室・ユニット型準個室≫要介護1 25,310円から要介護5 32,210円

医療が中心

介護療養型医療施設

急性期の治療が終わり、病状は安定しているものの、長期間にわたり療養が必要な方が対象の施設です。介護体制の整った医療施設(病院)で、医療や看護などを受けられます。

1カ月あたりの施設サービス費(1割)のめやす

  • ≪従来型個室≫要介護1 20,961円から要介護5 37,507円
  • ≪多床室≫要介護1 24,362円から要介護5 40,908円
  • ≪ユニット型個室・ユニット型準個室≫要介護1 25,081円から要介護5 41,628円

施設サービスを利用したとき

施設サービスを利用したときは、施設サービス費の1割または2割に加え、居住費・食費・日常生活費が自己負担になります。居住費・食費は施設と利用者の間で契約により決められ、施設ごとに違います。また、基準費用額が定められています。

自己負担額

施設サービス費の1割または2割+居住費+食費+日常生活費(理美容代など)=自己負担額

下記に該当する場合は、介護保険施設(ショートステイを含む)に入所したときの、居住費(滞在費)・食費の負担が軽減されますので申請してください。関連PDFファイルより申請書をダウンロードできます。申請書を受け付け後審査し、決定通知と介護保険負担限度額認定証を送付します。サービスを利用する際に、負担限度額認定証を必ず介護保険被保険者証と介護保険負担割合証を併せて施設に提示してください。
利用者段階の区分

第1段階

生活保護を受けている方または老齢福祉年金の受給者で世帯全員が住民税非課税

第2段階

世帯全員が住民税非課税で、本人の合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額の合計が80万円以下の方

本人の預貯金等が1,000万円以下(配偶者がいる場合は夫婦合わせて2,000万円以下)

第3段階

世帯全員が住民税非課税で、利用者負担第1段階・第2段階以外の方

本人の預貯金等が1,000万円以下(配偶者がいる場合は夫婦合わせて2,000万円以下)

第4段階

(非該当)

第1・第2・第3段階のいずれにも該当しない方

第4段階は「低所得者」には該当せず、食費・居住費(滞在費)の全額が自己負担となります

※平成28年8月からは非課税年金(遺族年金と障害年金)収入も含めて、食費・部屋代の負担段階の判定を行うことになります。

食費・部屋代の負担軽減の見直しについて(PDF:382KB)

各負担段階に応じた自己負担

 

第1段階

第2段階

第3段階

基準費用額

食費1日あたり

300円

390円

650円

1,380円

居住費ユニット型個室

820円

820円

1,310円

1,970円

ユニット型準個室

490円

490円

1,310円

1,640円

従来型個室(特養等)

320円

420円

820円

1,150円

従来型個室

(老健・療養型病床等)

490円

490円

1,310円

1,640円

多床室(相部屋・特養等)

0円

370円

370円

840円

多床室(相部屋・老健等)

0円

370円

370円

370円

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

介護保険課保険給付係
電話番号:03-3880-5743
ファクス:03-3880-5621
Eメール:kaigo@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?