• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 区政運営 > 計画・報告 > 計画・指針 > 福祉・健康 > 足立区高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画

ここから本文です。

更新日:2018年5月16日

足立区高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画

足立区高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画(2018年度(平成30年度)から2020年度)

1.計画の基本的な考え方

団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、単身高齢者世帯や高齢者夫婦、高齢者のみの世帯及び認知症高齢者の増加が予想される中、足立区でも平成29年には、後期高齢者が前期高齢者を上回り、今後も増加が見込まれています。

介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で様々な支援を受けながら安心して暮らし続けることができるようにするため、区民、地域、事業者、団体、行政等が各役割に応じた主体的な活動、いわゆる「協創」により、医療、介護、予防、住まい・生活支援を一体的に提供する地域包括ケアシステムの構築をより一層推進していきます。

2.計画の位置付け

本計画の策定にあたっては、「足立区基本計画」を上位計画とした「足立区地域保健福祉計画」の一環として策定します。また、厚生労働省の告示した「介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を確保するための基本的な指針」及び「東京都高齢者保健福祉計画」「東京都地域医療構想」との整合性を図ります。また、「足立区保健衛生計画」「足立区障がい者計画・障がい福祉計画・障がい児福祉計画」「足立区子ども・子育て支援事業計画」などの保健福祉計画や、「足立区総合交通計画」「足立区住生活基本計画」「第二次足立区生涯スポーツ振興計画」などの関連計画と調和がとれたものとします。

3.計画の期間

老人福祉法に基づく高齢者保健福祉計画と、介護保険法に基づく第7期介護保険事業計画を包含した計画であり、計画期間は、2018年度(平成30年度)から2020年度までの3か年とします。

4.計画の基本理念

~高齢者がいつまでも健康で住み続けられる安心なくらしの実現~

区民、団体、企業等との「協働」を基本に、区民と行政が様々な課題にともに挑み、解決していく新たな仕組み「協創」の力により、区民の皆様が豊かな長寿を実現できるよう「高齢者がいつまでも健康で住み続けられる安心なくらし」をめざしていきます。

5.本計画書の構成

第1部.高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画の策定にあたって

第1章.計画の概要

計画策定の目的、背景及び趣旨、計画の位置付け、計画期間等をまとめています。

第2章.高齢者を取り巻く現状

高齢者数の現状や将来人口推計をまとめています。

第2部.高齢者保健福祉計画

第1章.前回計画の重点課題の振り返りと今後の取り組み

前回計画にて重点課題とした事業の振り返りと今後の取り組みをまとめています。

第2章.計画の基本的方向

基本理念に基づく計画の体系や重点課題をまとめています。

第3章.施策の内容

計画の柱ごと計画の柱ごとに事業内容をまとめています。

第3部.第7期介護保険事業計画

1.介護保険事業の現状
2.介護保険制度の主な改正点と取り組み
3.介護保険事業の推計
4.介護保険料の算出

資料編

関連条例などの資料を掲載しています。

問い合わせ先

高齢者保健福祉計画に関すること・・・高齢福祉課高齢調整係

電話番号:03-3880-5886

介護保険事業計画に関すること・・・・介護保険課介護保険係

電話番号:03-3880-5887

この計画は、足立区役所中央館2階区政資料室において有償頒布しています。

また、計画の内容は、下記関連PDFファイルでもご覧になれます。

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部介護保険課介護保険係(区役所北館1階)

電話番号:03-3880-5887

ファクス:03-3880-5621

Eメール:kaigo@city.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?