• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 高齢者のために > 元気応援ポイント事業Q&A

ここから本文です。

更新日:2017年8月16日

元気応援ポイント事業Q&A

元気応援ポイント事業に関するお問い合わせと回答を以下のようにまとめました。

Q1ランティア活動は、複数の施設でできるの?

A1い。受入施設であれば、毎回の活動ごとに別の施設を選ぶことができます。ただし、活動日時については、事前にボランティア活動をする施設へ連絡してください。

Q21日に複数の施設でボランティア活動をした場合、ポイントはどうなるの?

A2タンプは1時間の活動で1個、1日2個までです。複数の施設でボランティア活動をした場合にも、1日に押印できるスタンプは2個までです。

Q3帳はスタンプがたまるまで使い続けるの?

A3いいえ。手帳は年度で切り替わります。スタンプが50個たまらなくても、年度が変わったら新年度の手帳をお使いください。新年度の手帳は、毎年3月末頃にご自宅にお送りします。

Q4タンプが50個たまっても、ボランティア活動はできるの?

A4はい。ポイントには含みませんが、ご自身の介護予防のためにも活動は継続していただくようお願いします。活動記録として、51個目以降のスタンプ押印ページが用意されています。

Q5帳のスタンプ押印ページがいっぱいになったら、新しい手帳をもらえるの?

A5いえ。手帳は年度1人1冊です。スタンプ押印ページの追加用紙を介護保険課でご用意しておりますので、手帳に貼付してご活用ください。

Q63月まで使用した手帳は、どうするの?

A6動交付金の申請に必要となりますので、それまでご自身で保管してください。手帳を紛失された場合、スタンプを再度押印することはできませんのでご注意ください。

Q7ランティア活動に行く途中や活動先でけがをしたら?

A7心して活動を行っていただくために、万一の事故やけがに備えて、元気応援ポイント事業総合保険に団体加入しています。事故などが発生した場合は、けがなどの状況を伺い、保険会社に連絡しますので、介護保険課に速やかにお知らせください。
また、スタンプが50個たまった以降の活動でも、ボランティア活動中であれば保険の対象となります。ボランティア活動の際は、施設に手帳を提示してスタンプの押印を受けてください。

Q8動交付金が交付されない場合はあるの?

A8い。介護保険料の未納または滞納がある場合は、交付金のお支払いができません。

お問い合わせ

介護保険課介護保険係
電話番号:03-3880-5887
ファクス:03-3880-5621
Eメール:kaigo@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?