• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 学童保育室 > 荒天時(小学校の休校)や学級閉鎖時の学童保育室の対応について

ここから本文です。

更新日:2017年2月9日

荒天時(小学校の休校)や学級閉鎖時の学童保育室の対応について

小学校が気象状況等により休校となった場合およびインフルエンザ等で学級閉鎖になった場合の学童保育室の対応については、下記のとおりです。

台風の接近や大雪により休校の可能性がある場合

午前6時の時点で「足立区」において特別警報(大雨・強風・大雪・暴風雪等)や暴風警報、暴風雪警報が発令されて小学校が休校となった場合は、原則として学童保育室も休室となります。どうしても保育が必要な場合は、事前に学童保育室にご連絡ください。(留守番電話の場合は、メッセージを入れてください。)なお、登室の際は、安全のため必ず保護者の付き添いをお願いします。また、お弁当を持参させてください。

学校が途中下校になった場合

原則として学童保育室も休室となります。事情により児童が登室した場合は、保護者の方にご連絡し、必要であれば保育を行います。なお、状況によりお迎えをお願いすることがあります。

学校が遅れて開校した場合

開校前の保育については、上記「台風の接近や大雪により休校の可能性がある場合」に準じます。(学校給食の状況によっては、お弁当は不要です。)下校後は、平常保育となります。

その他(保育中に天候が悪化した場合など)

保育時間中に危険が予想される場合は、早めのお迎えをお願いする場合があります。

学級閉鎖時の対応について

インフルエンザなどで学級閉鎖になったクラスの児童は、感染症拡大防止のため、できるだけご家庭での保育をお願いします。どうしても保育が必要な場合は、事前に学童保育室に連絡してください。

関連情報

小・中学校における気象状況による休校等について

 

お問い合わせ

地域のちから推進部住区推進課学童保育係

電話番号:03-3880-5863

ファクス:03-3880-5603

Eメール:j-suisin@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?