• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 学童保育室 > 平成30年4月からの学童保育室の入室申請について

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

平成30年4月からの学童保育室の入室申請について

1.平成30年度入室申請案内の配付日および配布場所

平成29年11月1日(水曜日)から

申請書類は、各学童保育室(PDF:167KB)で配付するほか、区のホームページからもダウンロード可能です。

※現在入室している方も、再度申請が必要です。

※民間の学童保育室の申請書類は、民間学童保育室ごとに異なりますので、希望する民間学童保育室に申請書類を請求してください。

※民間学童保育室の申請については、民間学童保育室にお問い合わせください。

2.申請受付期間

一斉受付:平成29年11月13日(月曜日)から平成29年12月1日(金曜日)

※上記期間以降も随時受付しますが、一回目の入室決定は上記期間中に申請を受付された方のみとなりますので、上記期間中に申請手続きをしてください。

3.申請場所

次のいずれかの場所に申請してください。(郵送不可)

  1. 第一希望の学童保育室(午後1時30分から午後6時、日曜日及び祝日は除く)
  2. 住区推進課(区役所南館3階、午前8時30分から午後5時15分、土曜日・日曜日及び祝日は除く)
  3. 休日臨時受付:区役所中央館1階アトリウム(平成29年11月26日、日曜日、午前9時から午後4時)

※平成30年4月新設の新田西学童保育室の申請は、新田学童保育室(新田住区センター内)へお願いします。住区推進課窓口でも受け付けます。

4.申請方法

次のすべての書類を持参してください。

  1. 入室申請書
  2. 就労証明書または学童保育申立書(内容を証明する書類を添付)
  3. 家庭状況票

5.申請できる人

就労・通学・介護・看護・疾病などにより、小学生のお子さんを放課後養育ができない家庭の保護者で、以下の最低要件をすべて満たしていることが必要です。(週3日以上、学童保育室を利用する方)

  1. 週3日以上の就労等をしていること
  2. 1日4時間以上の就労等をしていること(通勤時間、残業時間、休憩時間は就労時間に含みません)
  3. 午後1時から午後5時までの1週間の就労等の合計時間が12時間以上あること

6.保育時間

  1. 授業終了後から午後5時(学校休業日は午前9時から午後5時)
  2. 保護者の就労状況により延長保育があります。平日は午後6時(学校休業日は午前8時30分から午後6時)
  3. 特別延長保育(有料)を一部で実施しています。平日は午後7時(学校休業日は午前8時から午後7時)
  4. 休室日は日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)です。

7.費用

保護者負担金:児童1人につき月額6,000円(減額・免除制度あり

8.関連情報

放課後すごし方ガイド(PDF:1,084KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域のちから推進部住区推進課学童保育係

電話番号:03-3880-5863

ファクス:03-3880-5603

Eメール:j-suisin@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?