• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

平成30年度学童保育室入室申請のご案内

平成30年4月からの入室分の申請を受付けます。

一斉受付期間:平成29年11月13日(月曜日)から平成29年12月1日(金曜日)

現在入室している方も、再度申請が必要です

一斉受付期間以降も随時受付しますが、一回目の入室決定は上記期間中に申請を受付けた方のみとなりますので、ご注意ください

詳しくは「平成30年度学童保育室入室申請案内(PDF:889KB)」「学童保育室一覧(PDF:167KB)」をご覧ください。

【注意事項】

  • 第一希望に入室できない場合がありますので、第二希望も必ずご記入ください。
  • 民間学童保育室については、申請書類が学童保育室ごとに異なります。希望する民間学童保育室に、直接お問い合わせください。
  • 平成30年4月から、「新田西学童保育室」を新設します。指定管理者が運営を行い、特別延長保育も実施します。
  • 平成30年4月から、「新田学園学童保育室」は指定管理者の運営となり、特別延長保育を実施します

平成29年度途中での入室申請

随時受付けております。平成29年度用の申請書類等は当サイトのトップページ右記にある「電子申請・各種予約」のページからダウンロードできます。

【1】学童保育室とは(対象児童)

保護者が就労あるいは疾病等により保育ができない家庭の児童に対し、放課後等に適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業です。

対象児童は、区内に在住または在学する小学1年生から6年生です。

また、学童保育室に申請できる人は、下記の1から3の最低要件をすべて満たしていることが必要です。

  1. 週3日以上の就労等をしていること(週3日以上、学童保育を利用する方)
  2. 1日4時間以上の就労等をしていること(通勤時間、残業時間、休憩時間は含みません)
  3. 午後1時から午後5時までの1週間の就労等の合計時間が12時間以上あること

なお、学童保育室以外にも、児童が放課後等に安全に過ごすための居場所として「ランドセルで児童館」や「あだち放課後こども教室」などもありますので、ご家庭の状況にあわせてご利用ください。

【2】申請手続き

申請書類

申請書は、区役所住区推進課窓口および学童保育室で配布します。また当サイトよりダウンロードもできます。

【注意】

  • 申請書類をダウンロードして使用する場合は、必ずA4サイズで出力をお願いします。
  • 各ファイルの後ろに「:両面」とある場合は両面で印刷してください。
  • 両面印刷ができない場合は忘れずに2ページ目も出力し、1枚目に添付してください。

申請場所

所定の申請書類をすべてご用意の上、次のいずれかの場所に申請してください。郵送不可

  1. 第一希望の学童保育室(午後1時30分から午後6時、日曜日及び祝日は除く)
  2. 住区推進課(区役所南館3階、午前8時30分から午後5時15分、土曜日・日曜日及び祝日は除く)
  3. 休日臨時受付:区役所中央館1階アトリウム(平成29年11月26日(日曜日)、午前9時から午後4時)

※平成30年4月新設の新田西学童保育室の申請は、新田学童保育室(新田住区センター内)へお願いします。住区推進課窓口でも受付けます。

【3】学童保育室保護者負担金

  • 学童保育室保護者負担金:児童一人につき月額6,000円(おやつ代含む)
  • 2人以上入室する場合は、一番下の児童以外の保護者負担金は半額となります。
  • 保護者負担金は、当月末に口座振替により納めていただきます。

免除・減額制度

生活保護受給世帯や入室年度の住民税非課税世帯等については、免除・減額制度があります(学童保育室保護者負担金の免除・減額)。該当する方は、入室後に別途申請が必要です。なお、平成30年度住民税非課税世帯については、平成30年度6月末頃に決定されます。申請が承認されますと、4月に遡って減額が適用されます。

【4】保育時間

平常時

小学校の授業終了後から午後5時まで

学校休業日

午前9時から午後5時まで(一日保育)

延長保育

保護者の就労状況により必要のある家庭は、別途申請ができます。延長保育の時間は次のとおりです。

  • 夕方の延長保育後6時まで
  • 学校休業日の早朝保育前8時30分から

【5】特別延長保育

下記の学童保育室では延長保育時間をさらに延ばして保育を行う特別延長保育を実施しています(有料)。別途申請が必要となります。

(「学童保育室特別延長保育のご案内」参照)

特別延長保育を行っている学童保育室

さくら学童保育室、亀田学童保育室、新田学園第二学童保育室、せきや学童保育室、千住河原町学童保育室、竹の塚学童保育室、東和学童保育室、中島根学童保育室、なかよし学童保育室、西新井栄町学童保育室、足立学童保育室、しまねっ子学童保育室、東栗原学童保育室、五反野学童保育室、さかえっこ学童保育室、千寿学童保育室

平成30年4月から特別延長保育を始める学童保育室

新田学園学童保育室、新田西学童保育室(新設)

民間学童保育室でも特別延長保育を実施しています。時間帯や利用料金は学童保育室ごとに異なりますので、詳しくはご希望の民間学童保育室にお問い合わせ願います。

対象児童上記の学童保育室に承認された児童です。

申請できる方記の1から3すべてに該当する方が利用できます。

  1. 特別延長保育が必要な児童であること。

  2. 特別延長保育時間終了までに、保護者または保護者に準ずる方(祖父母等)が、児童を学童保育室に迎えに来られること。

  3. 学童保育室保護者負担金の滞納がないこと。

特別延長保育時間

午後6時から午後7時まで※保護者等によるお迎えが必要になります。

学校休業日の午前8時から午前8時30分まで

特別延長保育保護者負担金

児童一人につき月額3,000円です(兄弟減額はありません)。生活保護受給世帯については減額制度があります(免除制度はありません)。

【6】休室日

日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)

関連PDFファイル

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域のちから推進部住区推進課学童保育係(区役所南館3階)

電話番号:03-3880-5863

ファクス:03-3880-5603

Eメール:j-suisin@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?