• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

求める人材

 区長からのメッセージ

足立区長近藤やよい

 

もし私が「足立区職員である最高の魅力は何?」と尋ねられたら即「夢を形にできること」と答えます。それは足立区が完成形ではなく、現在進行形の発展途上にある自治体だからこそ言えることなのです。

 

新線の開業、大学誘致など、それ自体を目標としてきた時代は終わりを告げ、急速に整ってきた社会基盤を活用して、足立区は今、次なるステップに向かって大きくはばたく好機を迎えています。全職員が知恵を絞り、汗をかき、区民の信頼に応えていかねばならない重要な時なのです。

皆さんには、まちづくり、福祉、少子高齢化対策、教育など、その他挑戦してみたい分野や仕事がたくさんあると思います。ぜひ果敢にチャレンジし、「夢を形にする」プロセスを大いに楽しんでください。それを通して、たくましく成長する自分を実感することでしょう。

足立区は変化に伴う痛みを恐れず、常に前向きに挑戦する組織ではありますが、同時に家庭的な温かみを大切にする職場でもあります。ともに足立の未来を切り拓いていきましょう。


足立区長近藤やよい

 足立区が求める人材

足立区は新線開通や大学の移転、駅前開発など社会基盤が整備されつつあります。そして、いよいよこれらを起爆剤としたまちづくりを展開していく段階になりました。

また、区民ニーズが多様化する中で、迅速かつ正確にサービスを提供することがこれまで以上に求められます。

そのため、足立区では3つの「ソウゾウリョク」のある人材を求めています。

  • 区民の視点に立ってものごとを考えることができる「想像力」のある人
  • 数十年後の足立区を見据えた政策を提言できる「想像力」のある人
  • 足立区の持っている良さを活かしたまちづくりを展開できる「創造力」のある人

 研修制度

足立区では、職員としての能力を磨き、自ら学び、成長を支援するための、様々な制度があります。例えば、入区からのキャリアアップの段階に応じた職層研修、区職員として役立つ知識やスキルを学べる実務研修、職場ごとに必要とされる専門性を身につける職場研修、自発的に学ぶ職員への助成制度などがあります。

特に、入区から3年間は、自らが担当する仕事に着実に取り組み、区民との信頼関係を築くための基礎的知識や技術を学び、多様な区民サービスを生み出し実践していく重要な時期です。そのため、多くの研修を通して集中的に学ぶ仕組みとなっています。研修では、単に目の前の仕事に対する能力向上のみならず、自分の将来のあり方について考える機会も用意しています。

また、入区1年目職員には、必ず先輩職員がつき、育成担当者としてサポートします。

アダチくん(仮名、福祉系窓口部署勤務、事務職)の入区から3年間の研修活用例

  • 一年目は…「基礎」アダチくん

今日から足立区の職員だ!入区前に区のセミナーでビジネスマナーも学んだし、安心して入区できるなぁ。それに育成担当者研修を受けた先輩がサポートしてくれるから、困ったことがあっても相談しやすいな。

入区してすぐに、区の現状や課題、災害時の対応などを学ぶ機会もあるし、区内施設の見学もあり、区のことが少しずつわかってきたぞ。まずは担当の仕事をしっかりマスターしてから、専門的なことも少しずつ覚えよう。お客様対応もあるから、接客力の向上も必要だな。聴覚障がいをお持ちの方も来庁されるので、手話研修も受講してみよう。

  • 二年目は…「発展」

後輩もできたし、もっと効率よく仕事ができるようになりたいな。専門知識も、もっと増やしたい。文書管理の担当にもなったし、その知識も身につけキャリアップにつなげたいなぁ…。先輩職員の話も聴いて、なりたい自分を目指して職員としての素養も磨こう!

  • 三年目は…「挑戦」

上司から相談を受ける機会も増えてきたし、係の中心となって活躍したいな。課内だけでなく、足立区全体や他の自治体、国の動きを踏まえることも必要になってくるので、講演会の案内もこまめにチェックしておこう。今年は、専門知識の向上に加えて、政策形成の勉強にもチャレンジしてみよう。仕事が忙しいけど、職場のバックアップがあるから、安心できるなぁ。学んだことは職場のみんなにも伝えて、一緒にがんばっていこう。

アダチくんより一言

日常業務、研修などを通じ、社会人としてのスキル、職員としての能力や知識が確実に上がっていると感じます。また、こんなに自己啓発支援の制度が整っているとは思いませんでした。各部署で必要とされるスキルや、自分に足りない知識を補う為に、あらゆる研修・講座が用意されています。

受講したい研修が見つかると、その研修に参加する時間を作るために、いつも以上に仕事に熱が入ります。職場自体が、自己研鑽に励む姿勢を後押しする風土であるため、積極的に受講できます。

特別区を就職先として検討されている皆さん、足立区では入区後のサポート体制は万全です。

安心して特別区職員(特に足立区職員!!)を目指し、試験対策に励んでください!

新規採用予定者セミナーと新任研修

アダチくんのコメントにもあるように、足立区では、入区前にもセミナーを行っています。入区後の新任研修と合わせて、働く上で基礎となる知識を、段階を踏んで身につけていくことができます。

入区前:新規採用予定者セミナー

足立区の接客への取り組みと、区職員としての基本的なマナーを学び、入区の準備をします。

入区後:新任研修【I~VII】

  • 新任I:基礎知識①

公務員人生のスタートです。区職員として求められる基本的な意識と知識を学びます。

  • 新任II:区内施設視察

足立区の地域特性や施設を、実際に見て感じることで、今後の区民サービスの向上につなげます。

  • 新任III:基礎知識②

足立区職員として求められる基本的な意識と知識を学びます。さらに、職員として求められるCSマインドと接客スキルも身に付けます。

  • 新任IV:適応力向上

入区して数ヶ月が経過。他部署の先輩と新たなネットワークを作るだけでなく、ストレスとうまく付き合う方法や、接客スキルのレベルアップを目指します。

  • 新任V:ステップアップ

足立区職員として求められる基本的な意識と知識の再確認を行い、今後の仕事に対する意識の向上を目指します。

  • 新任VI:コミュニケーション

コミュニケーションの重要性の理解と、基本スキルを学ぶことで、職場適応力と業務遂行力の向上を目指します。

  • 新任VII:ロジカルシンキング

論理的に思考することの意義とスキルを学び、業務思考力の向上を目指します。

 

実務研修

足立区では、希望者が受講できる実務研修もたくさんあります。例えば、業務の円滑な遂行に役立つよう、「文書管理」や「財務」「手話」などを用意しています。また、新たな制度や区の重要な課題についての講演会などもありますので、区職員として必要な知識を満遍なく習得することができます。

特別区職員研修所(特別区職員向けの研修を行う機関)が実施する研修

特別区職員研修所が実施する研修には、様々な分野の研修があります。足立区でも、多くの職員が受講し、業務に関連する専門的な知識を習得しています。

各職場で実施される研修

足立区には、各職場で実施・参加している研修があり、どこに配属されても、職場で必要とされる専門知識や能力を経験年数に応じ高めていくことができます。また、東京都や国の機関で実施される専門的な研修に参加することもできます。

自ら学ぶ職員を支える事業・制度

足立区では、研修以外の人材育成の事業や制度も用意しています。その一部をご紹介します。

新任職員育成担当者制度

新任職員育成担当者(チューター)として必要な研修を受けた先輩職員が中心となり、入区1年目職員を職場全体で見守り育成する制度です。育成担当者や周りの先輩職員は、仕事上の指導だけでなく、社会人になっての不安など生活面での相談役にもなるため、安心して社会人生活をスタートすることができます。

区政のホットな話題を知る「仕事塾」

これまで区が実施してきた代表的な事業のノウハウや今だから話せる裏話、また、最前線の事業取り組み状況などを聴く、勤務時間外の自己啓発講座です。このような講座に参加し、先輩職員からの体験談を聞くことにより、区職員としての裾野を広げていくことができます。

自己啓発・教育訓練助成

職務に関連する知識や技術・技能の習得のための民間教育機関等が実施する講座や通信教育などの受講料を、区が半額補助することで、職員の能力開発を支援する制度です。補助額の上限は2万円です。勤務時間外の講座の積極的な活用を、足立区は後押ししています。

 

お問い合わせ

総務部人事課

電話番号:03-3880-5831

ファクス:03-3880-5611

Eメール:jinji@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?