• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 健康 > 感染症 > 保育園・幼稚園・学校・社会福祉施設の方へ

ここから本文です。

更新日:2017年10月26日

感染症等の集団発生報告・学校等臨時休業報告について

感染症等の集団発生報告・学校等臨時休業報告について

保育園、幼稚園、学校、高齢者施設、障がい者施設などにおいて、インフルエンザや感染性胃腸炎などの感染症が集団発生した際には、足立保健所保健予防課感染症対策係までご報告ください。また、保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校(中高一貫校)、大学、特別支援学校、専修学校及び各種学校においては、インフルエンザ様疾患による臨時休業についてもご連絡ください。

発生の報告を受けた場合は、保健所職員が状況をお聞きし、必要に応じて電話や訪問での疫学調査を実施させていただきます。その際に検体採取の協力を依頼することもあります。

なお、保育園、区立学校などですでに足立区の担当部署にご報告いただいている場合は、あらためての報告は不要です。

報告基準

下記のとおり。ただし、下記に該当しない場合でも、通常の状況以上に有症状者が発生している場合や感染症対応のご相談があれば連絡をしてください。

インフルエンザの場合

  • インフルエンザによる死亡者が発生した場合
  • インフルエンザによる入院患者が7日間に2名以上発生した場合
  • インフルエンザ様疾患患者が7日間に10名以上または、全利用者の半数以上発生した場合
  • インフルエンザの集団発生が疑われ、施設長が報告を必要と認めた場合
  • 保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校(中高一貫校)、大学、特別支援学校、専修学校及び各種学校においてインフルエンザ様疾患による臨時休業(学級閉鎖、学年閉鎖、休校)を実施した場合

感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)の場合

  1. 有症状者が概ね7日以内に10名以上発生している
  2. 上記1を満たし、さらに感染性胃腸炎として1名以上、病原体(ノロウイルス、ロタウイルスなど)が確定している
  3.  その他、通常の発生を上回る有症状者が発生し、施設長が報告を必要と認めた場合

報告方法

添付ファイルの「感染症連絡票」に記入していただき、感染症対策係にFAXで送付の上、お電話ください。なお、緊急の場合は、直接お電話ください。

インフルエンザ感染症連絡票(ワード:42KB)

感染性胃腸炎感染症連絡票(ワード:58KB)

連絡先

足立保健所保健予防課感染症対策係 (電話:03-3880-5747) (FAX:03-3880-5602)

各保健センターなど

関連資料

厚生労働省「 社会福祉施設等における感染症等発生時に係る報告について」(外部サイトへリンク)

厚生労働省 インフルエンザ施設内感染予防の手引き(外部サイトへリンク)

厚生労働省 インフルエンザの感染拡大を防ぐために(外部サイトへリンク)

厚生労働省 保育所における感染症対策ガイドライン(外部サイトへリンク)

厚生労働省 高齢者介護施設における感染対策マニュアル(外部サイトへリンク)

厚生労働省 インフルエンザQ&A(外部サイトへリンク)

東京都 社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアルダイジェスト版(外部サイトへリンク)

東京都 社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル(外部サイトへリンク)

東京都 感染症予防チェックリスト(学校及び社会福祉施設)(外部サイトへリンク)

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

衛生部保健予防課感染症対策係

電話番号:03-3880-5747

ファクス:03-3880-5602

Eメール:h-yobou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?