• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 健康 > 感染症 > 高齢者インフルエンザワクチンが75歳以上無料になりました

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

高齢者インフルエンザワクチンが75歳以上無料になりました

インフルエンザに罹患すると重症化しやすい高齢者への予防接種をより促進し、発病や重症化を防止するため、2019年度から、75歳以上の方は高齢者インフルエンザワクチンを無料で受けられるようになりました。

インフルエンザワクチン接種対象者

接種日現在、足立区に住民登録のある方のうち、以下に当てはまる方

  • 65歳以上(2019年12月31日現在)の方
  • 60歳以上(2019年12月31日現在)で心臓・腎臓・呼吸器・免疫障がいがある身体障害者手帳1級の方

誕生日が来て対象年令になる方は、誕生日の前日からの接種になります。

接種費用

  • 自己負担額2,500円の方
    • 区内に住民登録がある65歳以上75歳未満の方
    • 区内に住民登録がある60歳から64歳で、心臓・腎臓・呼吸器・免疫障がいがある身体障害者手帳1級の方 
  • 自己負担が免除される方
    • 区内に住民登録がある75歳以上の方
      (昭和20年1月1日以前に生まれた方)
    • 生活保護等受給者の方
      ※自己負担金免除と記載された予診票を医療機関に持参してください。 

インフルエンザの概要

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。患者の咳やしぶき(飛沫)に含まれるウイルスを吸い込むことなどによって感染します。

 典型的なインフルエンザの症状は、突然の高熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などで、のどの痛み・咳・鼻水などもみられます。普通のかぜに比べて全身症状が強いのが特徴です。また、気管支炎や肺炎などを合併し、重症化する可能性もあります。

 インフルエンザの流行が始まると、短期間に小児から高齢者まで感染が広まるという点で普通のかぜとは異なります。普通のかぜが流行しても死亡する人はあまり増えませんが、インフルエンザが流行すると、特に65歳以上の高齢者や慢性疾患患者で、死亡率が高くなるという点でも普通のかぜとは異なります。

接種時期

 2019年10月1日~2020年1月31日
※予防接種予診票は2019年9月下旬に足立区の住民登録のある住所に発送します。

※施設に滞在している等の関係で住民登録のある住所と実際に居住している住所が異なる場合は、一斉発送後、お電話をいただくことで、希望される住所に予防接種予診票をお送りすることができます。

お問い合わせ

衛生部保健予防課保健予防係(区役所南館2F)

電話番号:03-3880-5892

ファクス:03-3880-5602

Eメール:h-yobou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?