• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > シニア役立ち便利帳 いきいき生活 > 「スイムスポーツセンターのトビウオ」は80歳

ここから本文です。

更新日:2012年10月2日

「スイムスポーツセンターのトビウオ」は80歳

佐々木彌三治さん スイムスポーツセンターの遊泳記録更新

トビウオ秋田出身の佐々木さんは18歳で上京し、26歳から65歳まで区内で運送会社に勤務していた。退職した15年前、仕事で酷使した肩の痛みがひどく、肩が上がらなくなったため病院へ。主治医に水泳を奨められたことがきっかけでスイムスポーツセンターに通うようになった。「一回泳いだらすぐに肩が上がるようになりましたよ。肩だけではなく体の使い方にも気を使うようになりました」。現在は、1日50分2kmほどの水泳とジムトレーニングを欠かさずに行っている。引き締まった体つきは年齢による衰えを全く感じさせない。

長く泳げるようになったのは、共にスイムスポーツセンターに通う同年代の先輩が刺激になったからだ。「82歳で目の不自由な方なのですが、年間で530kmも泳いでいました。この方ぐらい泳げるようになれればと良い目標になりました。」目標としていた先輩から呼吸法をマスターし、年間遊泳距離は昨年ついに595.6kmにまで達した。なんと東京から神戸間に相当する距離だ。「足立区はプールやジムが無料(※年齢などの条件あり)で使用できる施設があり、住んでいて良かったなと感じますね」。

トビウオ2佐々木さんには、区への恩返しの意味も込めて続けている活動がある。「足立区が、これからも安心して暮らせるまちであるように、西新井第一小学校の登下校の見守りをしています」。毎朝行っている見守り活動からも新たな発見があったそうだ。「子どもたちは私が『おはよう』と言うと『おはよう』と返してくる。しかし、『おはようございます』と言うと『おはようございます』ときちんと返してくるのです」。大人の言動から子どもたちは学び成長していくのだと感じたという。

「地域のみんなが顔なじみになるのが大切ですね。私がこの年でも元気に活動することが、若い人たちへの刺激になればと思います」。そう語る佐々木さんは、今日もスイムスポーツセンターでトビウオのように泳いでいる。

お問い合わせ

広報室報道広報課

電話番号:03-3880-5815

ファクス:03-3880-5610

Eメール:kouhou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?