• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2012年8月1日

見どころナビ 6月25日号

芭蕉の足跡を訪ねて~奥の細道旅立ちの地、千住~

今年は松尾芭蕉が、千住の地から奥の細道紀行に出て320年。それを記念し、全国ゆかりの各地でカードラリーやスタンプラリーなどのイベントが行われています。

今回は、旅立ちの地である千住地区を中心に、芭蕉の足跡が感じられる見どころと、関連イベントを紹介します。

奥の細道紀行とは…

千住地域のイメージ地図

【1】矢立初の芭蕉像(千住橋戸町50)

矢立初の芭蕉像の写真
矢立初の芭蕉像

千住大橋の近く、隅田川を眺める「千住宿奥の細道プチテラス」には、句を詠む姿をかたどった芭蕉像があります

【2】矢立初の碑(千住橋戸町31) 【3】千住大橋橋詰テラス(千住橋戸町31)

矢立初の碑の写真
矢立初の碑

千住大橋橋詰テラスの写真
千住大橋橋詰テラス

矢立初の碑には、芭蕉がこの地で詠んだとされる句、「行く春や鳥啼魚の目は泪(ゆくはるやとりなきうおのめはなみだ)」が記されています。また、千住大橋橋詰テラスには、芭蕉と弟子の曽良の旅立ちの様子を描いた壁画があります

開放時間=午前9時から午後5時

(平成21年6月25日号)

千住の歴史散歩が映像で見られます

区民レポーターと郷土博物館の学芸員による、千住地域の見どころを歩きながら紹介した動画が区のホームページからご覧になれます。報道広報課広報係でビデオテープとDVDの無料貸し出しも行っていますので、ご希望の方は窓口までお越しください。

情報キャッチ!!好きです。あだち(動画deあだち)

今回の見どころナビの内容は「あだち歴史さんぽ千住北部編」「あだち歴史さんぽ千住南部編」でご覧いただけます。

  • 区の歴史・文化…郷土博物館
    電話番号=03-3620-9393
  • この記事…広報係
    電話番号=03-3880-5815

(平成21年 6月25日号)

バックナンバーはこちらから

お問い合わせ

広報室報道広報課

電話番号:03-3880-5815

ファクス:03-3880-5610

Eメール:kouhou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?