• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2012年8月1日

足立歳時記夏 えんま開き

えんま開き 7月15日・16日

千住にある勝專寺(千住二丁目)では、毎年1月の15日と16日、7月の15日と16日に、普段は閉ざされている閻魔堂の扉が開かれ、「えんま大王」をお参りする「えんま詣」を行う風習が今も残っています。

勝專寺の閻魔大王は、寛政元年(1789年)、徳川十一代将軍家斉の時代に造立した座像で、小正月の1月15日・16日とお盆の7月15日・16日に一般開帳しています。この「えんま詣」の風習は江戸後期にはすでに評判となり、今でも千住の風物詩となっています。

閻魔堂は朱塗の山門をくぐってすぐ左手にあり、薄暗いお堂の奥には、目を大きく見開き、恐ろしい形相の赤ら顔に赤い服(全身朱の漆塗り)をまとった高さ180センチメートルの閻魔大王(座像)が安置されています。この日にお参りすれば日頃の罪を許してもらえるほか、万病、特に喘息、扁桃腺など喉の病気にご利益があると伝えられており、多くの人が参拝に訪れます。

お年寄りや小さな子供を連れた家族連れなどが閻魔堂脇で頒布する線香を買い求め、参拝客は渡された線香を香炉にくべ、立ち上る煙を頭・喉・腰などにあてて無病息災を祈願します。

寺の縁起によると勝專寺は、鎌倉時代の文応元年(1260年)創建という古刹で、千住の子どもたちにとっては昔から「おえんま様」と「ボロ市」で親しまれていましたが、「ボロ市」は昭和30年代から衰退し、現在では見られません。

場所

勝専寺 千住二丁目11番地

アクセス方法

北千住駅西口徒歩5分

リンク

なし

地図

地図

お問い合わせ

広報室報道広報課

電話番号:03-3880-5815

ファクス:03-3880-5610

Eメール:kouhou@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?