• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2018年3月のニュースリリース > 平昌2018オリンピック冬季競技大会6位入賞 パブリックビューイングで応援した加藤条治選手が近藤区長を表敬訪問

ここから本文です。

更新日:2018年3月6日

平昌2018オリンピック冬季競技大会6位入賞 パブリックビューイングで応援した加藤条治選手が近藤区長を表敬訪問

加藤条治選手(表敬訪問)

終始明るい笑顔を見せてくれた加藤条治選手

集合写真(加藤条治選手表敬訪問)

三瓶理事長(左)、近藤区長(中右)、かねだ足立区議会議長(右)と一緒に

6日(火曜日)、平昌2018オリンピック冬季競技大会(以下、「平昌オリンピック」。)のスピードスケート男子500mに日本代表として出場した加藤条治選手が、関係者らとともに足立区役所を訪れ、近藤区長に平昌オリンピック6位入賞の報告を行った。

加藤選手は、スピードスケート男子500mの元世界記録保持者で、2010年に開催されたバンクーバー五輪の銅メダリスト。今年2月の平昌オリンピックでは、全18組中、自身が滑走した12組目の終了時点で暫定2位に立つ大健闘の末、6位入賞の輝かしい成績を収めた。昨年9月から一般財団法人博慈会(足立区鹿浜五丁目。三瓶広幸理事長。以下、「博慈会」。)に所属している縁で、平昌オリンピックのレース当日には足立区役所 庁舎ホールにて区主催のパブリックビューイングが行われ、「がんばれ!加藤条治選手」と書かれた青いTシャツを着た区民ら332人が、スクリーンに大声援を送った。

今回の訪問は、6位入賞の報告とともに、パブリックビューイングや、区内各所での応援用のポスターや横断幕の掲示など、区を挙げての応援に対して、加藤選手が感謝の言葉を伝えるために行われたもの。

午前9時30分にスタートした入賞報告に続いて、出席者による懇談が行われ、加藤選手から、スタートラインに立った時の心境や、フォームの改造、インスタートとアウトスタートの違いなどの競技の話や、この日加藤選手が着用していた日本代表のユニフォームについての裏話など、さまざまな話題が披露された。近藤やよい足立区長の「コンマ何秒で順位が決まってしまう世界は、私たちでは体感できない世界」との言葉に、加藤選手が「体感していただくにはぜひ一度スケートを履いていただいて」と返して笑いを誘う場面もあり、加藤選手の明るい人柄も垣間見られた。

最後に、加藤選手から「金メダルを目指して6位という結果ではあったが、自分の中では今シーズンでいちばんいいレースができた。それは、自分だけの力ではなく、足立区でパブリックビューイングを開いていただき、区民の方の応援が自分のところにしっかり届いたおかげ」と感謝のメッセージが残され、和やかなムードで懇談は終了した。

【加藤選手の輝かしい軌跡】
昭和60年山形市生まれ。6歳でスケートを始め、高校生のころから世界で活躍。
・2006年トリノオリンピック 6位入賞
・2010年バンクーバーオリンピック 銅メダル
・2014年ソチオリンピック 5位入賞
・2018年平昌オリンピック 6位入賞

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?