• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2018年5月のニュースリリース > 『地球環境フェア2018』が開催されています

ここから本文です。

更新日:2018年5月19日

『地球環境フェア2018』が開催されています

ミリー・ドリー・リリーがお出迎え

ミリー・ドリー・リリーがお出迎え

体験型ブースでにっこり笑顔

体験型ブースを終えてにっこり笑顔

『地球環境フェア2018』が開催中
平成30年5月19日(土曜日)20(日曜日)で足立区役所を会場に『地球環境フェア2018』が開催されています。(午前10時から午後4時)
このイベントは、足立区環境部が主催で行っているもので、参加者の環境意識の向上、エコ活動の輪を広げることを目的として毎年開催されている。今年も多くの企業が出展し、リサイクルやリユースなどについて学び、体験できるブースが設置されている。

体験型ブースで子どもたちも興味津々
株式会社リコーのブースでは「マイクロ水力発電VR(バーチャルリアリティ)体験」が実施され、発電の仕組みをVRで体験できる。体験した女の子からは「初めてVRができて、おもしろかった」との声があった。
荒川の豊かな自然環境の保全活動を行っている区内3団体が共同で実施しているブースでは、荒川の河川敷で採れるどんぐりや木の枝などを使ったアクセサリー作りが体験できるブースを開催。荒川をもっと身近に感じてもらいたいとのことであった。
その他にも、「環境クイズダンボール迷路」や「VR自動車リサイクル工場見学体験」など楽しみながら環境やエコについて学べるブースが出展している。20日(日曜日)も引き続き、様々な体験型のブースが用意されている。
今年のイベントは、ほとんどのブースが体験型となっていて、ブースを訪れた子どもたちから多くの笑顔がこぼれていた。

カーボン・オフセットの実施
足立区は魚沼市、八峰町、阿賀町、高知県の4自治体と連携し、「カーボン・オフセット」のクレジットを購入している。このイベントについても、開催に伴い排出されるCO2を「カーボン・オフセット」のしくみで森林を整備し、CO2吸収量を増やすことによりゼロとしている。

毎年行われているこのイベントが、区民一人ひとりの小さいころから環境やエコについての意識、知識を高める貴重な一日となっている。

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?