• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2016年7月のニュースリリース > 「第38回 足立の花火」が開催!夏の夜空を約13,500発の花火が彩りました

ここから本文です。

更新日:2016年7月23日

「第38回 足立の花火」が開催!夏の夜空を約13,500発の花火が彩りました

160723花火1

160723花火3

23日(土曜日)夜、「第38回足立の花火」が、荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋と西新井橋の間)で開催され、夏の夜空を彩る約13,500発の花火に、約63万人(昨年度55万人)の観客が酔いしれた。
「足立の花火」は、今年も夏に行われる東京の花火大会のうち、最も早く開催された。3ヶ所の打ち上げ場所から、60分間に約13,500発という高密度で打ち上げられる大迫力の花火は「圧巻」の一言。
38回目となる今回のテーマは、「みんなでつくる『足立の花火』」。大会前から当日まで楽しめる様々な「参加型」の企画が取り入れられた。
まず、花火にのせる音楽を事前に投票で選ぶ「みんなの『いいね!』で音楽花火」がバージョンアップ。昨年は決められた5曲の中から投票により1曲を選んだが、今回はジャンルを問わず広くリクエスト曲を募集。1位になったAKB48の「365日の紙飛行機」にのせ、花火師が曲をイメージして制作した花火が打ち上げられ、華々しくオープニングを飾った。
また、新たな企画として「足立の花火」にまつわるエピソードと思い出の1曲も募集。最優秀作品となった、親子の心温まるエピソードが紹介され、映画「となりのトトロ」のオープニングテーマ「さんぽ」が花火に合わせて流れると、会場内は和やかな空気に包まれた。
さらに今年は、数々のアーティストのライブを手がけるエイベックスと初めてコラボし、これまでにない演出に挑戦。音楽ライブの世界ではスタンダードになっている、「サイリウム」(光る腕輪)が会場で5万本配布され、来場者が音楽に合わせてサイリウムを振り、花火と会場とが一体になった見事な光の競演が、新たな「足立の花火」のワンシーンを創りあげた。
様々な新企画が登場する一方で、「足立の花火」伝統の名物花火も健在。ゆずの「栄光の架け橋」に合わせて流れた、幅300メートル、高さ30メートルの特大ナイアガラは、点火とともに会場から多くの拍手と歓声が湧き起こった。
フィナーレは、毎年恒例、エルガーの「威風堂々」に乗せた「黄金のしだれ桜」。息つく間もなく打ち上げられた大輪の花火が、最後まで多くの観客の目を楽しませた。

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?