• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2018年10月のニュースリリース > 第48回東京都消防操法大会で足立区の消防団が初優勝しました

ここから本文です。

更新日:2018年10月10日

第48回東京都消防操法大会で足立区の消防団が初優勝しました

日頃の厳しい訓練を発揮

日頃の厳しい訓練を発揮

足立区の消防団として初の栄冠

足立区の消防団として初の栄冠

◆第48回東京消防操法大会
平成30年10月6日(土曜日)、東京消防庁消防学校において、第48回東京都消防操法大会(以下、「大会」という。)が開催された。大会には都内消防団25隊が参加し、小型ポンプ操法の部、可搬ポンプの部、女性消防操法の部で操法技術を競った。大会は昭和46年から開催され、今年で48回目を数える。
今大会、特別区からは15の消防団が出場し、区内からは西新井消防団が可搬ポンプ操法の部に出場した。
◆足立区の消防団として初優勝
西新井消防団からは補欠隊員を含む6名が出場し、可搬ポンプ操法を披露した。操作方法は、可搬ポンプからホースを3本延長し、63m先の火点に見立てた標的を倒し(基本操法)、さらに20m先の標的に向かってホースを1本増加し、標的を倒す(付加操法)。基本操法は55秒、付加操法は45秒の所用基準時間が設定され、指揮者を中心とした5名の隊員の士気・規律、迅速な行動、確実な操作、消防用機械器具の取扱技術などが審査される。西新井消防団は他の消防団より減点が少なく、2位以下を大きく離して見事優勝した。
この大会においては、過去、区内の千住・足立消防団も含めて3位が最高位で、今回、西新井消防団が優勝したことで、区内消防団が初めて栄誉に輝いた。
隊員は30代前半から50代前半まで幅広い年代で構成されており、サラリーマンや自営業者など様々な仕事の傍ら、週に3、4回、仕事が終わった夜間や毎週日曜日に集まり、3ヶ月以上に渡り厳しい訓練を重ねてきた。
◆優勝した出場隊員・田中洋平部長の声
この訓練成果を糧として、引き続き区民の安全・安心に繋がるよう、大好きな地域を守っていきたい。

お問い合わせ

広報室報道広報課地域情報担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?