• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2018年9月のニュースリリース > ごみの分別の大切さを学ぶ環境学習授業が行われました

ここから本文です。

更新日:2018年9月9日

ごみの分別の大切さを学ぶ環境学習授業が行われました

分別は正しく

分別は正しく

側面が透けているカッティング車

側面が透けているカッティング車が登場

◆環境学習授業
平成30年9月8日(土曜日)、足立区立千寿本町小学校で同校の4年生を対象に、足立清掃事務所職員による環境に関する講演とごみの分別・積み込み体験が行われた。
環境学習は、足立清掃事務所が取り組んでいる「ふれあい指導」の一環として、正しいごみの出し方を身につけるよう子どものうちから社会人としてのルールを学ばせるもの。今回、学校からの依頼を受けて、足立清掃事務所から職員と「クリリン号」と呼ばれる積み込まれたごみが外から見える収集車(カッティング車)を派遣した。
◆授業の様子
足立清掃事務所職員が講師となり、ごみの種類やゆくえ、ごみを減らすためにできること、分別の大切さについて話した。
普段はまちのごみ収集を業務とする職員が講演するとあって、収集の際に資源となるものが可燃ごみとして捨てられている事例を紹介したほか、鉛筆や消しゴムは最後まで使い切るよう求めるなど、児童にとって身近な内容を話した。
体験では、児童を5グループに分け、積まれたごみを「可燃ごみ」「不燃ごみ」「資源」などに分別する課題を与え、決められた制限時間までに児童たちは意見を交わしながら種類ごとにごみを分けた。
また、仕組みが分かるように側面が透けている特殊なごみ収集車(カッティング車)が登場し、ごみを積み込む体験も行われ、収集車がどのくらいのごみを積めるかを見ることができる貴重な体験となった。
◆参加した児童の声
(ごみの分別体験で)フライパンや炊飯器はどの種類のごみなのか全然わからなかった。これからは家でちゃんと分別したい。
◆清掃事務所職員から
今回の体験学習を契機として、ごみを正しく分別することが、ごみを減らし生活環境を改善し、更には地球環境の改善につながっていくことを知っていただければ幸いである。

お問い合わせ

広報室報道広報課地域情報担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?