• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2017年8月のニュースリリース > 足立区役所で平和について考える展示会を開催しています

ここから本文です。

更新日:2017年8月2日

足立区役所で平和について考える展示会を開催しています

原爆模型

3メートルを超える実物大の原爆模型

プロペラ

今年も登場した郷土博物館収蔵の墜落機のプロペラ

広島・長崎に史上初の原爆が投下されて72年。8月15日の終戦記念日を前に、足立区役所本庁舎1階アトリウムにおいて、平和について考える2つの展示会が開催され、多くの人が足を止めて資料に見入っている。
4日(金曜日)まで開催される「原爆・平和・戦争を考える展示会」は、足立区原爆被害者の会主催によるもの。原爆の恐ろしさや平和の尊さについて改めて考えてもらおうと、平成15年から毎年この時期に開催。今年で15回目を迎える。
会場には、長崎原爆資料館より借り受けた原爆被害に関する写真パネルや、日本原水爆被害者団体協議会製作のパネル「原爆と人間」、実物大の原子爆弾の模型展示、被爆体験者が描いた原爆の絵などが並び、当時の様子をうかがい知ることができる。また、3日(木曜日)11時からの「被爆体験の証言と音楽のつどい」では、実際に被爆された2人の方の体験証言を直接聞く「原爆被爆者の体験証言」や、ソプラノ歌手による歌の披露、参加者による合唱などが予定されている。
会員の平均年齢が80歳超と、高齢化が進む同会で事務局長を務める藤澤汎子(ふじさわ ひろこ)さんは、「原爆でどれだけの人が苦しみ、息絶えていったかを、展示を通して知っていただき、絶対に核戦争は起こしてはいけないということを見る人にアピールしていきたい。いつまでできるかわからないが、なるべく長く続けていきたい」と話していた。
また、15日(火曜日)まで、区主催による「平和に関する資料展」を同時開催。「平和と安全の都市宣言」、「平和首長会議」の紹介パネルや、郷土博物館収蔵の爆撃機B29のプロペラの実物などの資料が並んでいる。このほか、戦時中に学童疎開を経験したメンバーらでつくる「足立の学童疎開を語る会」の協力により、「体験者が語る苦難の記録」をテーマに、親子の交流の手紙や疎開先で子どもたちが書いた作文など、同会が収集した学童疎開に関する貴重な資料も展示されている。

展示会の開催時間は次のとおり。
 (1)原爆・平和・戦争を考える展示会
   午前9時~午後5時(4日は午後3時30分まで)
 (2)平和に関する資料展
   午前9時~午後5時(12日と13日は休館。15日は午後3時30分まで)
   ※学童疎開資料の展示は5日(土曜日)午後3時30分まで。

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?