• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2018年1月のニュースリリース > 足立区役所で江戸消防記念会による「新春はしご乗り」が行われました

ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

足立区役所で江戸消防記念会による「新春はしご乗り」が行われました

29遠見

はしご乗りの大定番・「遠見」

29肝つぶし

ポーズが決まると歓声が沸いた「肝つぶし」

5日(金曜日)、足立区役所正面広場で、江戸消防記念会第十一区の皆さんによる毎年恒例の正月の風物詩「新春はしご乗り」が行われた。

江戸消防記念会は、昭和14年(1939年)に結成。今から約300年前の享保4年(1719年)に誕生した町火消から受け継がれてきた、木遣りや梯子乗りの技術伝承など、江戸の文化を語る上で欠くことのできない「火消文化」を後世に伝える活動を行っている。このうち第十一区は足立区全域を受け持つ。

午後0時30分頃、粋な伴纏姿の勇壮な36人の男達が、火消のシンボルである纏とともに、「江戸木遣り」を歌いながら区役所正面広場に登場。大勢の観客が見守る中、演技者が真新しい青竹で作られた約6.5メートルの梯子をかけ登り、梯子の先端で仰向けになって両手両足を広げる「肝つぶし」や、梯子の中段で逆立ちをする「腕溜め」など、6種類の妙技を披露した。ポーズが決まると、詰めかけた観客から歓声と拍手が沸き起こった。

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?