• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2018年3月のニュースリリース > 平成28年度及び29年度の相撲大会で優秀な戦績を収めた足立新田高等学校相撲部の4選手が足立区長を表敬訪問

ここから本文です。

更新日:2018年3月7日

平成28年度及び29年度の相撲大会で優秀な戦績を収めた足立新田高等学校相撲部の4選手が足立区長を表敬訪問

180306syuugou-houkoku

誇りを胸に(左から二見選手、今関選手、羽出山選手、田太選手)

180306kondan-houkoku

懇談では笑顔が絶えない一同

3月6日(火曜日)、平成28年度及び29年度に開催された全国の各種相撲大会で輝かしい戦績を収めた、足立新田高等学校の羽出山将選手・今関俊介選手・二見颯騎選手・田太隆靖選手の4選手及び青木永二校長、松永昭久相撲部顧問が足立区役所を訪れ、近藤足立区長に戦績を報告した。

足立新田高等学校は、都立高校で唯一の相撲部があり、東京都教育委員会からスポーツ特別強化校に指定されている相撲の名門。全国に名をとどろかせる屈指の強豪校として、これまでも数多くの相撲大会において顕著な戦績を残してきた。その中でも、平成29年度には、全国から72校が出場した「第101回高等学校相撲金沢大会」において団体戦で準優勝、個人戦では羽出山選手が優勝、今関選手が準優勝し、その実力を遺憾なく発揮した。

今回の戦績報告会にあたり、近藤区長から、「区長就任前の都議会議員の頃には卒業式に出席させていただくなど、以前から足立新田高等学校とはつながりがあった。みなさんには新田地域の区民からの期待と熱い応援がある。ぜひこれからも活躍して欲しい。」と選手たちへ激励の言葉があった。懇談では、これまでの高校生活やトレーニング、今後の進路の話など、戦績報告会は終始なごやかな歓談となった。最後に、選手を代表して、羽出山選手から「全国の大会で成績を残せたのは、地域の方々の応援のおかげ。大学進学後も、これまで以上の成績を残せるようにがんばっていきたい。」と力強い決意表明があった。

羽出山・今関・二見の3選手は、4月から異なる大学に進学することとなっており、今後は良きライバルとして土俵で相まみえることとなる。また、進級して最高学年の3年生になる田太選手は、足立新田高等学校相撲部の牽引役を担うこととなる。これまでの経験を糧とし、互いに競い合うことで、選手たちは今後のますますの活躍が期待される。

お問い合わせ

広報室報道広報課報道担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?