• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2015年10月のニュースリリース > 第1回江東5区大規模水害災害対策協議会が開催されました

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

第1回江東5区大規模水害災害対策協議会が開催されました

kyougikai1

5区の連携の重要性について話し合われました

kyougikai2

5区の区長による記者会見

台風等による豪雨により、荒川がはんらんした場合、低地帯に位置する江東5区(足立区、墨田区、江東区、葛飾区、江戸川区)では、浸水被害が大きく、自治体の枠を超えた水害対策が必要となることから、10月27日(火曜日)、江東5区の区長、防災担当者による水害対策協議会が江戸川区で開催された。
各区長からの挨拶のあと、協議会のアドバイザーを務める片田敏孝・群馬大大学院教授は講演で、「市町村の境界と水害被害は関係ないので、一つの自治体の防災対策では完結できない」と述べ、荒川の堤防が決壊した場合、最大で2週間以上浸水状態が続く危険性があることから、区外に避難する「広域避難」や、高い場所に避難する「垂直避難」などについて、5区で統一した対応を取ることと、他の関係機関との連携を実現させることが必要であると説明した。
協議会後の5区の区長による合同記者会見で、近藤区長は「大規模な水害の際には、避難所の確保は一自治体でできることではないので、今後、国や都に働きかけが必要なことなどを整理して、連携が進むことを期待している」と述べた。
今後は、5区の実務担当者が実態や課題の整理などをおこない、情報伝達や広域避難などについて検討し、来年8月の協議会で具体的な対策をとりまとめる予定。

お問い合わせ

危機管理部避難対策担当課

電話番号:03-3880-5707

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?