• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 区のデータ・資料 > 広報・報道 > ニュースリリース > 2019年5月のニュースリリース > 私立幼稚園で区内農家が小松菜の栽培指導をしました

ここから本文です。

更新日:2019年5月24日

私立幼稚園で区内農家が小松菜の栽培指導をしました

小さい種からこんなに大きく生長します

大切に育ててね

◆小松菜食育体験
区では、6月の食育月間に区内全保育施設(4・5歳児在園)で、足立区の特産である小松菜を栽培し、収穫した小松菜を園児が調理体験している。「種まき」から「収穫」までを体験することで、子どもたちに栽培の楽しさと、生産者などへの感謝の気持ちを育み、野菜への興味や関心を高めることを目的としている。
昨年度までは、区立保育園や私立保育園などでこの取り組みを実施していたが、今年度初めて区内私立幼稚園にも対象を広げ、希望のあった18園に、種、土などの小松菜栽培セットを配布し、栽培体験を始めている。そのうち5園では、区内農家が園児に直接、栽培指導をすることとなった。
◆当日の様子
令和元年5月24日(金曜日)、私立春光(しゅんこう)幼稚園(足立区足立3)で、4・5歳児53名が小松菜の栽培体験を行った。この日は、園児や先生方に栽培方法を指導するため、特別に区内の小松菜生産農家の横山辰也さん、鴨下賢人さんが来園した。
土を敷き詰めたプランターの前に園児が列をつくり、農家から植え方や水のやり方を教えてもらいながら、1ミリ程度の大きさの小松菜の種を一つひとつ丁寧に植えた。農家からは「今日のような暑い日は、小松菜さんも喉が渇いているので、みんなが帰る前にもう一度水をあげてください。新鮮で美味しい小松菜さんは虫さんも食べたくなるので、小松菜が食べられないように様子を見てあげてね。」と小松菜の気持ちを代弁するように園児に育て方を優しく教え、園児たちは「大きくなーれ、美味しくなーれ。」と声を合わせ大切に植えた。
この時期に植えた小松菜の種は、1ヵ月後には食べられるまでに生長し、給食の食材として調理されるという。
◆田中律子園長の声
野菜が苦手な子たちもいるが、自分たちで植えた作物が育っていく様子を見ることで、食べたいという気持ちになってくれるとうれしい。種のまき方などわからないことがあったので、教えていただいて良かった。
◆小松菜農家・横山辰也さんの声
就農してから生産者と消費者の距離感を感じていたので、子どもたちとの触れ合いに参加できてうれしい。小松菜の育つ過程を見てもらうことで、作物を作ることや生産者への理解が深まると思う。

お問い合わせ

広報室報道広報課地域情報担当

電話番号:03-3880-5816

ファクス:03-3880-5610

Eメール:houdou-ma@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?