• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2012年8月1日

庁用交際費支出基準

(目的)

第1条 この基準は、足立区と関係団体等との良好な関係を維持し、円滑な区政運営に寄与するため、当該関係団体等が行う行事等に出席するための庁用交際費の支出について必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この基準において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

  • (1)庁用交際費 区長交際費のうち区長交際費支出基準(平成19年11月27日付け19足総秘発第442号区長決定)に基づき支出されている区長交際費以外のものをいう。
  • (2)表意者 庁用交際費の対象となる行事等に出席する者をいう。
  • (3)関係団体等 区政の発展に寄与している団体及びその長等をいう。

(表意者の範囲等)

第3条 表意者は、副参事以上の職にある者とする。ただし、所属部長が特に認めた場合は、係長級を表意者とすることができるものとする。
2 この基準に基づき同一行事等に出席できる人数は、原則2名以内とする。

(支出基準)

第4条 表意者は、関係団体等が行う行事等に出席するとき、庁用交際費を支出(飲食が伴うものに限る。)することができる。
2 関係団体等が行う行事等については、別表を基本とする。
3 庁用交際費は香典及び見舞金として支出することはできない。ただし、総務部長が特に認めたときは、この限りでない。

(支出金額)

第5条 表意者は、案内状等に記載された会費又は主催者に確認した会費を庁用交際費として支出することができる。ただし、支出する金額は、出席者一人当たり10,000円(別表まつり、盆踊りの金額は3,000円)を限度とする。
2 前項ただし書の規定にかかわらず、区長と同行する場合は区長と同額とすることができる。

(禁止事項)

第6条 区又は教育委員会が主催する行事等においては、表意者が庁用交際費を支出することはできない。又、関係団体等の招待者から祝い金を受領することはできない。
2 表意者は、庁用交際費に私費を加えることはできない。
3 表意者は、宗教的行事に出席することはできない。

(予算)

第7条 この基準に基づき、庁用交際費を支出する所管は、その所管において予算を計上することを原則とする。

(公表)

第8条 庁用交際費の支出状況を、支出月の翌月20日まで(20日が閉庁日にあたる場合はその次の開庁日)に次に掲げる事項をホームページに公表する。なお、ホームページ上で掲載する期間は、掲載月が属する年度から3か年度とする。

  • (1)実施日
  • (2)相手方
  • (3)場所
  • (4)支出目的
  • (5)支出金額
  • (6)表意者(所属)

(運用細目)

第9条 この基準に定めるもののほか、庁用交際費の運用に関し必要な事項は、所管部長が定める。

別表(第4条関係)

 

対象

関係団体等

区政運営に関係を有する団体又は個人で、区政協力団体・区政協力者

行事等(スポーツイベントは含まない。)

関係団体等主催の総会、新年会、懇談会、周年記念祝賀会、叙勲祝賀会、まつり、盆踊り等

お問い合わせ

足立区役所
〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号
電話番号:03-3880-5111(代表)

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?