• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2018年9月4日

食品ロスとはいうけれど

 食べられるのに捨てられている食品の量は、全国で年間640万トン。足立区では33,100トンになりますが、これを米袋(10kg)に詰めて並べたとすると、その距離ざっと2,000km。北海道から鹿児島県の距離に匹敵します。区民一人当たりでは年間約36,000円相当の食品を廃棄している計算になるというから驚きです。

 家庭から出る食品ロスの内訳は、過剰除去(55%)、食べ残し(27%)、直接廃棄(18%)となっています。

 「食べられる部分は捨てない」「出された料理は残さない」「余分なものは買わない」が、食品ロスを防ぐ3か条ですが、過剰除去を出さずに調理し、余った食材も美味しい料理に変身させるコツを学ぶ「サルベージ・パーティ」を企画しました。

 「気を付けているのに冷蔵庫に余り物がたまりやすい」「冷蔵庫がパンパンだけど捨てるのはもったいない」。日ごろのそんな悩みを、プロのシェフが一刀両断に解決してくれます。

 10月21日(日曜日)、11時から東和地域学習センターで実施しますので、参加を希望される方は下記のリンク先から申込みを。

お問い合わせ

足立区役所
〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号
電話番号:03-3880-5111(代表)
Eメール:voice@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?