• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

この秋は、広重作品を堪能しよう

【収蔵浮世絵展「広重目線」】

【収蔵浮世絵展「歌川広重没後160年 広重目線」】

 郷土博物館(大谷田五丁目20番1号)の売りの一つが「浮世絵」。今年は没後160年ということで、「東海道五拾三次」で有名な歌川広重の展覧会を、9月4日(火曜日)から10月8日(月曜日・祝日)まで開催します。名付けて「広重目線」。単に風景を描くのではなく、広重の特徴はその大胆な構図にあります。例えば、建物の長さを強調するために対角線上に建物を配する、超上からの目線で名所全体を捉えて描写する、「月の松」と呼ばれた松の枝が輪のように円形に伸び、その輪の中から覗く風景を描く(実際は描いたようには見えない)などです。さすがにモネやゴッホにも影響を与えただけあって、古さを全く感じさせない、斬新さがあります。

 私のおすすめは「四ツ谷内藤新宿(よつやないとうしんじゅく)」です。建物は向かって左隅の手前から向こう側に伸びてはいるのですが、画面のほぼ右半分を占拠しているのは、どアップの馬のお尻。ご丁寧に、コロコロとしたフンもいくつか転がっています。つまり、私たちは、馬のお尻越しに宿場風景を眺めることになるのです。単なる風景画とは異なる、捻(ひね)りというか、遊び心というか、他の作品にも同じような仕掛けが至る所に散らばっています。

 お墓は伊興寺町の「東岳寺」にあり、足立区にはゆかりのある広重。命日の9月6日(木曜日)には「一日だけの広重展」が東岳寺客殿(伊興本町一丁目5番16号)で、午前10時から午後4時30分まで開催されます。
 寺町を散策しつつ墓参りもよし、博物館に足を延ばすもよし、です。

お問い合わせ

足立区役所
〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号
電話番号:03-3880-5111(代表)
Eメール:voice@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?