• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2018年6月7日

ランドセルの今日事情

 23区の区長が持ち回りで登場し、各区を紹介するTOKYO MXテレビ『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』の番組収録で、江北にある中村鞄製作所さんにお邪魔しました。今年で創業58年目を迎える中村鞄さんは、ランドセル一筋の鞄屋さんです。

 最近のランドセル事情を伺い、驚くことばかりでした。まず色のラインナップは、なんと48種類。女の子の一番人気はキャメル。私は以前から、男の子は黒、女の子は赤という色の決めつけが、男女の役割分担の固定化の根底にあるのではと感じてきたので、最近、スカイブルーのランドセルを背負う女の子が増えてきたのを実感し、うれしく思っていました。

 また大きく変わったのはランドセルの大きさ。教科書などがB版からA4版になったため、横幅にして5センチほど大きくなりましたが、材料がよくなってきているので、重さはさほど変わらないとか。

 中村鞄さんは、注文を受けた分だけ製作する完全受注方式。例年、次年度分は6月いっぱいでほぼ完売すると聞きました。撮影中も平日にも関わらず、ひっきりなしにお客様が来店されていましたが、平均200~300組、休日ともなると1000組と伺い大仰天。それもそのはずで、6年間無料保証に加え、修理に来店できない場合は、中村鞄さんが送料持ちで宅配サービスを活用。しかも修理期間中は代用品の貸し出しもありと、サービスは万全です。

 足立区には中村鞄製作所さんのほかにも、行列ができるほど人気のランドセル屋さんがあります。足立区の地場産業の一つでもある、皮革産業はモノづくりの代名詞。区内外に誇れる製品を丁寧に、心を込めて、作り続けています。

 放送は、6月9日(土曜日)午前11時からです。中村鞄製作所さんから特別にご提供いただいた試作中のコードバンのお財布を5名、「足立の花火」観光交流協会観覧場所入場券(ペアチケット)が5名の計10名に当たる視聴者プレゼントがあります。ぜひご覧ください。

お問い合わせ

足立区役所
〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号
電話番号:03-3880-5111(代表)
Eメール:voice@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?