• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2018年6月6日

東京になって150年が経ちました

 東京150周年を記念した「幕末明治の名筆」展を郷土博物館(足立区大谷田5-20-1)で6月12日(火曜日)から7月29日(日曜日)まで開催し、区内に残る歴史的人物の書を広く公開します。

 目玉の一つは、勝海舟の筆による「梅島小学校」と「近松小学」の扁額(へんがく)(※1)。前者は明治25年に梅島村長が揮毫(きごう)(※2)を依頼したものだそうです。また後者は、現在の西新井小学校の旧名で、同校が所蔵しています。一方、小説などでもおなじみの山岡鉄舟によるものは、旧家に伝わった「怡然有余楽」(読み方は、怡然(いぜん)として余楽(よらく)あり。意味は、和やかな心で過ごせば、楽しいことは満ちあふれている)の扁額と、興野神社の祭礼幟(のぼり)に残る書を公開。眺めていると、これまでは単なる歴史上の人物でしかなかった二人との距離が、ほんの少し縮まったように感じるから不思議です。

 「博物館はちょっと遠くて」とおっしゃる方のために、今回は「グラフィック展『写真と錦絵で見る江戸から東京』」と銘打った出張展示会を、6月13日(水曜日)から区内4カ所(中央図書館、区役所1階区民ロビー、北千住駅南口コンコース、ギャラクシティ)で開催します。こちらは江戸から明治への時代の変遷を、区内に残る写真と錦絵(※3)で振り返る企画です。

 榎本武揚、西郷従道(隆盛の弟)、また一時期、綾瀬の金子家に滞在した近藤勇(この時は既に大久保大和と変名(へんめい)を使っていましたが)など、区内に残るモノクロ写真を公開します。これらは今でいうブロマイドで、当時は一般に販売されていたとも聞きました。

 東京への改称、東京府開設から節目の150年記念展。お楽しみください。

※1:建物の内外などの高い位置に掲出される額(がく)や看板のこと
※2:毛筆で何か言葉や文章を書くこと
※3:江戸時代に確立した多色刷の木版画のことで浮世絵の一種

お問い合わせ

足立区役所
〒120-8510
足立区中央本町一丁目17番1号
電話番号:03-3880-5111(代表)
Eメール:voice@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?