• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

渡し舟と橋梁

足立区は周囲を川に囲まれているように多くの河川が身近なところにあります。対岸との交通のために橋梁も架けられましたが、かつては渡し舟がなくてはならない存在でした。特に荒川(現在の隅田川)には足立区内部分だけでも15か所の渡船が営業していました。しかし、新たに橋梁が架けられると、その役割を終えて姿を消していきました。

昭和30年代から40年代にかけて、自動車時代が到来すると道路網の整備が進められました。都心から延びる道路には対岸とつなぐ橋が多数架けられました。また、築年数を経た木造の橋は、自動車時代に対応できる鉄橋に架け替えられました。最後まで残っていた蛇橋も平成3(1991)年に撤去されました。道路網と橋梁の整備によって、続々と大量の車が区内を行きかうようになりました。

新堀切橋

新堀切橋

西新井橋の竣功

西新井橋の竣功

架け替え中の千住新橋

架け替え中の千住新橋

鹿浜橋の開通

鹿浜橋の開通

⇒「博物館の資料」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?