• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

高田家文書

高田家はかつて千住二丁目の名主・年寄を勤めていたお宅です。古文書は全部で333点あり、年代は寛文5(1665)年を上限とし、下限は昭和34(1959)年です。分類中もっとも多いのは、その他で総点数の半数以上を占めています。これについで私文書、地図・絵図の多さが目に付きます。その他には版本類や他の項目に入らないものなど数が多く、内容も多岐に渡っています。しかし、幕末の情勢を記したものが多いことから、幕末の情勢にかなり興味を持っていたことがわかります。その他・私文書以外は分類ごとの点数が少ないものの、文書の内容を見ると千住宿の状況を示す文書が多く、特に地図・絵図の多くは、千住宿、あるいはその付近を具体的に示す文書といえます。

古文書のリストは、このページの下にある関連PDFファイルから文書目録をダウンロードしてご覧下さい。

(阿蘭陀条約等之写)

(阿蘭陀条約等之写)

(禁門ノ変ニ関スル書簡等写)

(禁門ノ変ニ関スル書簡等写)

⇒「博物館の資料」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?