• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

セリ摘みの道具

長ぐつ以前の道具です

足立区の中でも現在の扇三丁目あたり、かつての本木地区は農家の換金作物として「本木セリ」と呼ばれたセリが盛んに栽培された地域です。始められた時期ははっきりわかりませんが、文政5(1822)年に成立した『新編武蔵風土記稿』の本木村の項に「専ラ芹茄子ヲ作リテ江戸ヘ出ス」とあり、この頃には栽培が始められていたことがわかります。

セリの収穫時期は12月から3月の厳冬期で、寒い時期に冷たい水の張ったセリ田に入って作業をしました。その際にはセリツミタンゴと呼ばれる桶を両足に履き、また竹の棒を使ってバランスを取りながら収穫をしました。これは全国的にも珍しい農具です。また、テブロと呼ばれる小型の風呂桶をタライに乗せてセリ田に浮かべ、炭や練炭などでお湯を沸かし、冷えた手を温めました。

江戸時代以降、明治・大正・昭和と続けられたセリ栽培でしたが、昭和40年代以降宅地化が進むにつれて次第に行われなくなりました。

セリを収穫するための道具

セリを収穫するための道具

セリ収穫のようす

セリ収穫のようす

⇒「博物館の資料」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?