• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

佐野家文書

佐野家初代の新蔵胤信(しんぞうたねのぶ)は戦国時代に生まれ、千葉勝胤(ちばかつたね)の子どもで佐野家の養子となったと伝えられています。徳川家の家臣伊奈忠次、忠治に仕え、相模国や遠江国に出張し検地にあたるなど民政面で活躍しました。また、文禄2(1593)年に、胤信をはじめ7軒で佐野新田を開いたといわれています。佐野家は代々佐野新田に屋敷を構え居住しました。4代目正命が再び幕府代官伊奈氏に仕え、それ以降、鷹場や土木工事、会計などの実務を務めました。寛政4(1792)年に伊奈氏が失脚すると、佐野新田や隣村の辰沼新田の名主を務めました。

佐野家文書は、佐野が名主を務めた佐野新田関係545点と辰沼新田95点、合計640点からなります。年代でみると元禄10(1697)年~明治28(1895)年で、天保期の文書が最も多く、これに弘化、安政、明治期の文書が続いています。分類項目別では佐野新田関係では村政、水利・普請、鷹場が、辰沼新田関係では戸口、年貢、凶災が多く含まれています。

古文書のリストは、このページの下にある関連PDFファイルから文書目録をダウンロードしてご覧下さい。

奉仕伊奈家由緒書

奉仕伊奈家由緒書

佐野弥内蔵関係他領鷹場史料

佐野弥内蔵関係他領鷹場史料

手休議定連印帳

手休議定連印帳

⇒「博物館の資料」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?