• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

菊川英山(きくかわえいざん)

天明7(1787)年から慶応3(1867)年。姓は菊川、名は俊信、通称は大宮万五郎。主に文化期(1804~18)に活躍し、初代歌川豊国とともに錦絵の美人画界の人気を二分しました。

歌麿風の描写にならい文化・文政期(1804から30)の艶っぽい風潮と色彩を表現しました。『浮世絵類考』(大田南畝著、寛政12(1800)年)のなかで「浮世絵美人画中興の祖」と賞賛されています。

英山の美人画の特徴は、すらりとした立ち姿にあり、優美さ、上品さを備えています。また、大判錦絵縦二枚継ぎの掛物絵に全身像を描く美人画も多く残しています。

(傘持つ美人)

(傘持つ美人)

風流忠臣蔵画兄弟 十一段目

風流忠臣蔵画兄弟 十一段目

風流美人絵兄弟 忠臣蔵 七段目

風流美人絵兄弟 忠臣蔵 七段目

風流見立六歌仙 大友黒主

風流見立六歌仙 大友黒主

風流生花つくし

風流生花つくし

⇒「博物館の資料」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?