• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

板碑(いたび)

板碑は中世の供養塔の一種です。関東に多く残る武蔵型板碑は、秩父原産の青石(緑泥片岩)を素材とし、板状に整形してあるので、板石塔婆、青石塔婆ともよばれます。秩父から荒川の舟運によって石材が足立にもたらされました。区内には200基以上の板碑が確認され、年代がわかるもので最古のものは文永9(1272)年、最も新しいものは天正3(1575)年のものです。区内の分布は、ほとんど西側に偏っています。これは、西側には古くから集落があったこと、東側は江戸時代以降に開発されたことを物語っています。板碑は墓標や生前供養に用いられた場合もあります。当初、武士や僧侶が作っていましたが、やがて一般民衆にも広がり、自らの信仰を共同して造立し祈願する板碑(結衆板碑)などさまざまな目的を持っていました。

徳治二年銘板碑

徳治二年銘板碑

永和三年銘板碑

永和三年銘板碑

嘉元元年銘板碑

嘉元元年銘板碑

⇒「博物館の資料」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?