• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

千住大橋

不落の伝説も持つ名橋 です

木造橋時代の千住大橋

木造橋時代の千住大橋

 

 

徳川家康の命をうけた伊奈備前守忠次(いなびぜんのかみただつぐ)が奉行となり、文禄2(1593)年に架橋工事が始められ、翌年完成しました。

 

 荒川(当時入間川、現隅田川)に架けられた最初の橋であったために完成当初は「大橋」とよばれ、他の橋ができると千住大橋とよぶようになりました。

 完成当初の架橋位置は現在よりも2町(約200から220メートル)上流と記録され、天和4(1684)年にいたり現在の位置に確定されたようです。また、記録に残るだけでも8回の架け替えが行われています。橋杭の部材は記録の時期によりヒノキ・マキ・クスノキなどと記されていますが、部材は一種類ではなくさまざまなものが用いられていました。

 千住大橋には、架橋以来一度も流失していないという伝説がありますが、実はたびたび危機に見舞われ、明和3(1766)年の流失、安永元(1772)年の大破などの記録があります。最後の流失は明治18(1885)年の洪水の時です。

 その後、昭和2(1927)年に現在のアーチ橋に架け替えられました。さらに交通量の増大にともない、昭和48(1973)年に上り専用橋が増設され上り下りの車線に分離されました。

日光御街道千住宿日本無類楠橋杭之風景本願寺行粧之図

日光御街道千住宿日本無類楠橋杭之風景本願寺行粧之図

建設中の千住大橋(アーチ橋)

建設中の千住大橋(アーチ橋)

⇒「足立を学ぶ」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?