• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

日光道中と千住宿

幕府は寛永元(1624)年に日光山造営法度(にっこうさんぞうえいはっと)を出して日光と江戸を結ぶ日光道中の整備を始めました。日光道中は幕府が管理する五街道(ごかいどう)の一つで千住から鉢石(はついし)まで23の宿場がありました。千住宿は寛永2(1625)年に建設され、街道沿いに短冊形の地割りを行ない、隅田宿(すだしゅく、現墨田区墨田付近)をはじめ周辺の家々を集めました。

当初の宿場は千住一から五丁目でしたが、交通量増大により万治元(1658)年に掃部宿(かもんじゅく)・河原町(かわらちょう)・橋戸町(はしどちょう)が、万治3年に千住大橋南側の小塚原町(こづかはらまち)・中村町(なかむらまち)が宿場に加えられました。元禄9(1696)年には不足する人馬を周辺の村々から集める助郷制(すけごうせい)が定められました。

宿場は大名や日光門主など領主の公用通行のために、次の宿場までの荷物の輸送、本陣などの宿泊施設の設置、書状の伝達の機能を果たしました。千住宿は宿場であるとともに流通の町として賑わいました。橋戸河岸には荒川や綾瀬川を利用する船が発着し、米穀や野菜、陶器などさまざまな物資が流通しました。また、千住掃部宿市場は享保20(1735)年に御用市場となり、米穀・前栽(せんざい)・川魚(かわうお)などの問屋が軒を連ねていました。

千住宿模型

千住宿模型

助郷札(助郷人足に渡された駄賃の支払い札)

助郷札(助郷人足に渡された駄賃の支払い札)

⇒「足立を学ぶ」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?