• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2014年10月9日

森鴎外と千住

森鴎外が書いた記念碑(千住宮元町)

森鴎外が書いた記念碑 (千住宮元町にあったころの様子)

森林太郎(鴎外、文久2(1862)年から大正11(1922)年)は近代の文豪として知られているほか、足立区域では大正記念道碑の撰文でも知られています。

明治12(1879)年に父静男が南足立郡医となり千住に転居して、後に橘井堂医院(きっせいどういいん)を開業しました。この頃、林太郎は東大在学中で下宿先にいましたが、大学を卒業した明治14(1881)年には下宿を引き払って千住に住み、医師として父とともに医療活動に従事しました。この頃の様子は小説『カズイチカ』に描写されています。その後、三宅坂の東京陸軍病院に勤めることになり、千住から人力車で通勤しました。明治17(1884)年にドイツへ留学。明治21(1888)年の帰国すると千住の実家に戻りました。翌年林太郎は結婚して根岸に移り、両親も明治26(1893)年に千駄木に移りました。

「鴎外」という号は、現隅田川の白髭橋付近にあった「鴎の渡しの外」という意味で、林太郎が住んでいた千住を意味しています。

橘井堂医院跡(現足立都税事務所)に建てられた千住の鴎外碑

橘井堂医院跡(現足立都税事務所)に建てられた千住の鴎外碑

*「大正記念道碑」は千住宮元町29-1に建立されていましたが、平成26年4月27日、千住中居町公園(千住中居町24-7)に移設されました。

*橘井堂医院跡の鴎外碑は都税事務所の立替に伴い現在撤去中です。

 

 

⇒「足立を学ぶ」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?