• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

見沼代用水

八丁堤の現状

八丁堤の現状

寛永6(1629)年、代官伊奈忠治(いなただはる)の主導で芝川水系の見沼(現さいたま市)に八丁堤(はっちょうづつみ)を築き、見沼溜井(みぬまためい)が造成され、見沼用水東縁(ひがしべり)・同西縁が成立しました。綾瀬川以西の足立区域は見沼用水東縁の流末に位置していました。

見沼代用水は、それまで水源としていた見沼溜井の干拓・新田開発にともない、享保12(1727)年に開削されました。元圦は利根川右岸下中条村(現埼玉県行田市)に設置されました。見沼代用水は足立区に入ると舎人の砂子路橋(しゃごじばし)で神領堀(じんりょうぼり)が分かれ、さらに伊興のはんの木橋付近で西新井堀・本木堀・千住堀・竹塚堀・保木間堀に分かれました。

用水の長距離化によって、給水量の不足と排水時の冠水が発生しやすくなりました。そのため給排水を順調に行うためにさまざまな工夫がされました。番水制(ばんすいせい)もその一つで、当時の渕江領(ふちえりょう)の村々で公平に水を配分するために時間別・村単位で給水時間を取り決めるという方法でした。

見沼代用水元圦跡(埼玉県行田市下中条)

見沼代用水元圦跡(埼玉県行田市下中条)

見沼代用水東縁の最末流・1950年ごろのはんの木橋付近

見沼代用水東縁の最末流・1950年ごろのはんの木橋付近

⇒「足立を学ぶ」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?