• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

門松とお供え

正月三が日の料理を門松にそなえる儀礼があります。

正月三が日の調理は男がするものだといわれ、かつてはこの日だけ男性が料理をしていました。三が日の朝には、雑煮やなます、煮物などを食べます。

雑煮はカツオでダシをとったしょうゆの澄まし汁で、小松菜やサトイモを入れます。

こうした料理は、神棚や門松などにもお供えされました。神の膳などといわれる小さな専用の器に、具を小さく切って盛ります。

門松には、直接ほんの少しずつ松の先に乗せるようにしてお供えします。

現在、門松を立てる家も少なくなってしまいましたが、こうしたお供えを続けている家がときおり見られます。

門松をたてる家

門松をたてる家

門松へのお供え(扇3丁目平成21年撮影)

門松へのお供え(扇3丁目平成21年撮影)

⇒「足立を学ぶ」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?