• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月19日

武蔵千葉氏と渕江城

千葉自胤ゆかりの武州三間田(鐘ヶ淵付近)

千葉自胤ゆかりの武州三間田(鐘ヶ淵付近)

千葉氏は下総国千葉荘(しもうさのくにちばのしょう・現千葉県千葉市付近)を本拠とした武士団で、千葉常胤(ちばつねたね)は源頼朝の鎌倉幕府創建に貢献した人物として知られています。享徳3(1454)年に享徳の乱がおこると千葉氏内部で家督争いが起こり、千葉実胤(さねたね)が武蔵国石浜(現荒川区・台東区)、自胤(これたね)が武蔵国赤塚(現板橋区)に逃れました(武蔵千葉氏の誕生)。さらに自胤は渕江郷(現足立区域)に移りました。

戦国時代になると小田原の後北条氏(ごほうじょうし)に従い、渕江郷を中心に13か所475貫文の土地を所領としました。渕江郷は、隣接する舎人郷(足立区舎人付近)に北条氏と対立する岩槻太田氏(いわつきおおたし)配下の舎人氏がいたことから、両勢力の最前線に位置しました。天正18(1590)年に後北条氏が滅ぶと武蔵千葉氏もこの地を去りました。武蔵千葉氏は、現在の本木にあった渕江城を拠点としました。

江戸時代になると城があったことは伝説となり、武蔵千葉氏の守り神であった妙見社(みょうけんしゃ・現中曽根神社)だけが残りました。平成8(1996)年、神社近くの発掘調査によって城の堀跡が見つかり、城の存在が確定されました。

千葉氏の家紋

千葉氏の家紋

現在の中曽根神社

現在の中曽根神社

地中から現れた城の堀跡

地中から現れた城の堀跡

⇒「足立を学ぶ」メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?