• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

足立の昔話(4)-千住の七不思議(2)-

4.片葉の葦(かたはのあし)

弘法大師(こうぼうだいし)が荒川(あらかわ)の岸辺に立つと、葦(あし)の葉がそのごいこうにおそれ入り、風になびいていたのをピタリとやめ、ひれふしました。そのまま片葉の葦に姿を変えました。

5.子福(こふく)さま

長円寺(ちょうえんじ)(千住4丁目)の裏山に住むきつねはだんだん悪さをするようになり、困った町の人は子福さまとしておきつね様を寺の境内に大切にまつりました。大事にされたおきつね様は町の守り神となりました。

6.金蔵寺(こんぞうじ)のそばえんま

金蔵寺(千住2丁目)にえんま様がまつられています。日光街道沿いのそば屋に毎日そばを食べに来る女の人がいました。ふしぎに思ったそば屋があとをつけてみるとむすめはえんま堂の中へ…。それから、えんま様に願いごとをかなえてもらったお礼にそばをお供えするようになりました。

7.おいてけ堀(ぼり)

堀切(ほりきり)から牛田(うしだ)のあたりに大きなほりがありました。ここでつった魚を持ち帰ろうとすると、「おいてけーおいてけー」と地の底からわき出るような不気味な声が…。むりに持ち帰ろうとするとあしのしげみからぬけ出せなくなってしまいます。

金蔵寺の本堂

金蔵寺の本堂

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?