• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

足立の昔話(3)-千住の七不思議(1)-

1.千住大橋と大亀(おおかめ)

千住大橋をかける工事のとき、どうしても橋ぐいがうちこめない場所がありました。川の主の大亀(おおかめ)がこの場所に住んでいて、亀(かめ)のこうらがあったためです。そのため千住大橋の三番目と四番目との間を少し広げたところ、くいをうつことができました。また、この場所は流れが複雑で「亀(かめ)のま」とか「亀(かめ)のます」とよびました。

2.千住大橋と大緋鯉(おおひごい)

川の主である大緋鯉(おおひごい)が上流と下流を行ったり来たりしていました。千住大橋を作るとき、橋ぐいを立て始めると、この大緋鯉(おおひごい)がぶつかって橋ぐいがたおれそうになります。大緋鯉(おおひごい)をつかまえようとしましたがうまくいきません。そのため千住大橋の橋ぐいを1本少し広げて立てかえ、大緋鯉(おおひごい)が自由に泳ぐことができるようにしました。

3.牧の野の大蛇(だいじゃ)

「いっしょににげよう」と約束をした船頭の男の人は表れません。恋人(こいびと)の裏切りに悲しんで身投げした女性は大蛇(だいじゃ)になりました。牧の野(現在の千住緑町(みどりちょう)から桜木町(さくらぎちょう)あたり)からこの大蛇(だいじゃ)が表れ、うらみのため船が通ると転ぷくさせたといいます。

木の橋だった頃の千住大橋

木の橋だった頃の千住大橋

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?