• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

足立の昔話(1)-足立姫の物語り-

足立姫の墓

足立姫の墓

昔、足立の長者(ちょうじゃ)足立庄司(あだちしょうじ)には足立姫(あだちひめ)というとても美しいむすめがいました。ひめはとなりの郡(ぐん)の豊島(としま)の長者(ちょうじゃ)である、豊島左衛門尉(としまさえもんのじょう)と結こんしましたが、左衛門尉(さえもんのじょう)の母にひどくいじめられ、川へ身を投げてしまいました。また、ひめに従って豊島(としま)に来た侍女(じじょ)たちも、あとを追って身投げしました。

姫(ひめ)の父は霊(れい)をなぐさめるために和歌山県にある熊野権現(くまのごんげん)にお参りしました。夢のお告げで霊木(れいぼく)を見つけ、それを海に流すと、不思議なことに足立に流れつきました。諸国を回っていた名僧(めいそう)行基(ぎょうき)にたのみ、その木に阿弥陀仏(あみだぶつ)を彫刻(ちょうこく)してもらい、足立姫(あだちひめ)と侍女(じじょ)たちの霊(れい)を供養しました。

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?