• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

幕末の戦い~新選組と彰義隊~

綾瀬(あやせ)にあった新選組(しんせんぐみ)の基地

明治時代はじめの年、1868年(明治元年)、江戸幕府と京都でできた新しい政府の間で戊辰戦争(ぼしんせんそう)が起こりました。京都で活やくした新選組(しんせんぐみ)は、江戸を守るため今の山梨県(やまなしけん)で官軍(かんぐん)と呼ばれた新政府の軍隊と戦いましたが負けて江戸にもどりました。しかし、隊長の近藤勇(こんどういさみ)と副隊長の土方歳三(ひじかたとしぞう)は、新選組をつくりなおすため、江戸から綾瀬(あやせ)に移り基地を作りました。ここで新選組は48人から227人に増やし今の千葉県流山市(ながれやまし)に向かいました。

近藤勇(こんどういさみ)の写真

近藤勇(こんどういさみ)の写真

新選組(しんせんぐみ)の基地となった綾瀬(あやせ)の家

新選組(しんせんぐみ)の基地となった綾瀬(あやせ)の家

にげる彰義隊士(しょうぎたいし)を助けた人々

新選組(しんせんぐみ)と同じように幕府を守ろうとしたのが彰義隊(しょうぎたい)です。彰義隊の基地があった上野の山(いまの上野公園)で官軍(かんぐん)と戦いましたが負けました。そしてたくさんの隊士が官軍につかまらないようににげ出しました。中には足立区を通って北ににげる人がいましたが、当時の足立の人々は、にげる隊士たちの道案内をしたりしました。今でもあちこちに彰義隊士を家にとめてあげたり、食べ物をあげたりして、にげるのを助けたという昔話が伝わっています。

彰義隊(しょうぎたい)と官軍(かんぐん)の戦いを描いた絵

彰義隊(しょうぎたい)と官軍(かんぐん)の戦いを描いた絵

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?