• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 足立区立郷土博物館トップページ > キッズメニュー > 足立区のあけぼの~住み始めた人々と伊興遺跡~

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

足立区のあけぼの~住み始めた人々と伊興遺跡~

足立区最古の井戸(いど)

縄文時代(じょうもん)の中ごろまで海の底にあった足立区でしたが、しだいに陸地が広がり、古墳(こふん)時代に入ると人々が移り住むようになりました。古代には大河川であった毛長川(けなががわ)のほとりから開発がはじまります。舎人遺跡(とねりいせき)からは、そのころの井戸が発見されています。

舎人遺跡(とねりいせき)で見つかった古墳(こふん)時代の井戸

舎人遺跡(とねりいせき)で見つかった古墳(こふん)時代の井戸

水上の交差点―伊興遺跡(いこういせき)―

毛長川(けなががわ)のほとりにあった遺跡(いせき)のなかでも、伊興遺跡(いこういせき)は最も繁栄(はんえい)した場所です。毛長川を利用した船による水上交通が発達し、流通の拠点(きょてん)としての役割を果たしていました。西日本から運ばれてきた須恵器(すえき)や鉄製品などが出土しています。

伊興遺跡(いこういせき)で出土した古墳(こふん)時代の鉄剣

伊興遺跡(いこういせき)で出土した古墳(こふん)時代の鉄剣

 伊興の津の復元模型

伊興の津の復元模型

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?