• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 足立区立郷土博物館トップページ

ここから本文です。

更新日:2017年6月24日

足立区立郷土博物館トップページ

足立区立郷土博物館トップページです!
title.jpg

常設展示

博物館の資料

足立を学ぶ

博物館の刊行物

利用案内

キッズメニュー

 

博物館資料データベース 公開データベースの機能を拡充。画像ダウンロードを可能にしました。

トップページもくじ

下記をご覧下さい。
施設情報休館日、開館時間、入館料等に関する情報

郷土博物館解説ボランティアの募集

来館者への展示のご案内、ミニ体験の実施等を行うボランティアを募集します。

夏季区民教養講座 「足立の江戸文化を貫く俳諧の素養」

当館オリジナルのネコ漫画

博物館の映画会国各地で制作された記録映画やドキュメンタリーをご覧いただきます。

郷土芸能鑑賞会立に伝わるお囃子や獅子舞を生で鑑賞できる会をご案内します。
博物館実習芸員資格取得のための実習ご希望の方はご覧ください。

文化遺産調査足立は地域美術資料の宝庫です。平成27年度から調査事業をすすめています。

資料画像のご利用について 館蔵の美術、歴史、古写真資料のご案内。

解説ボランティアが展示のご案内をします

郷土博物館では、土曜日・日曜日・祝日の午前11時から午後3時の間、博物館解説ボランティアが、展示のご案内をしています。

解説ボランティアの募集をします

来館者への展示のご案内、ミニ体験の実施等を行うボランティアを募集します。

 ボランティア活動の内容や講習について、まずは説明会にご参加下さい。説明会終了後、希望される方に養成講座に参加していただきます。

■対象:月2回程度、土・日・祝日等の11時00分から13時00分、13時00分から15時00分のいずれかに活動ができる方。
※下記の養成講座を7回以上修了することが必要です。
■登録期間:1年(再登録可能)
■定員:20人(先着順) 

    日 午前10時から正午 午後1時から3時
7月2日(日曜日)   説明会 ボランティア論
7月9日(日曜日) 展示学習 1 展示学習 2
7月16日(日曜日) 展示学習 3 展示学習 4

7月22日(土曜日)

定例会参加 講習のまとめ
 7月23日から10月22日まで 解説実習(各自3回)
 9月から10月22日までに設ける見学会(2回)  
10月28日(土曜日) 定例会 まとめ 修了式  

 

■募集方法:電話受付
■募集開始:平成29年6月15日(木曜日)
■募集締切:平成29年7月1日(土曜日)
■応募・問い合わせ先:電話03-3620-9393

博物館の映画会

毎月第2土曜日の無料公開日に、歴史・民俗・文化財・伝統技術に関する映画の上映を行っています。

次回は、平成29年7月8日(土曜日)午前11時からの開催となります。

<7月の映画会上映作品> 国立民族学博物館制作作品

作品:「弘前のねぷた」(12分)

内容:扇形の勇壮なねぷたが、夏の夜空をいろどる。意匠をこらした「組ねぷた」も登場。

作品:「お盆の豆腐づくり」(13分)

内容:長野県・秋山郷では、盆と正月に人びとが協力して、ハレの食べ物である豆腐をつくる。

作品:「土佐の碁石茶」(14分)

葉っぱや粉末だけでなく、固形のお茶もある。土佐の山村にかろうじてつたえられた碁石茶。

 

ページの先頭へ戻る

もくじに戻る

夏季区民教養講座 

夏季区民教養講座「足立の江戸文化を貫く俳諧の素養」

日時:平成29年7月9日(日曜日)午後1時から午後3時

会場:勤労福祉会館(綾瀬プルミエ内)

定員:100名(先着順)

申込:不要(※当日直接会場へお越しください。)

参加費:無料

文化遺産調査の中で、次々と明らかになってきた先人の偉業の数々。その業績を貫いていたのは俳諧の素養でした。「千住・足立の江戸文化と俳諧」を通して、江戸から近代にかけての豊かな文化遺産を考えます。

郷土芸能鑑賞会

博物館の無料公開日に足立区郷土芸能保存会の皆さんが、お囃子や獅子舞などを披露します。

開 催 日郷土芸能鑑賞会の様子

平成29年 11月3日(金曜日・祝日)
平成30年 1月13日(土曜日)

【会場】郷土博物館中庭〔雨天講堂〕
【時間】いずれも午前11時から(予定)

ページの先頭へ戻る

もくじに戻る

平成29年度博物館実習について(受付終了)

平成29年度の受付は終了しました。 

ページの先頭へ戻る

もくじに戻る

資料画像などのご利用について(旧「特別利用について」)

 画像等のご利用について

 足立区立郷土博物館では館蔵資料のうち著作権が消滅している資料(浮世絵、江戸絵画、古文書など)をパブリックドメインで画像を公開しています(順次搭載)。ご利用にあたっての申請、届け等は不要です。ご自由にご利用下さい。(2017-06-15)

 資料検索システムへ⇒

特別利用について

 次に掲げる資料の利用については資料特別利用の申請をお願いします。
 資料状況(破損、劣化など)によっては特別利用をお断りする場合もございます。

  (例)

  •  展示を行っていない貴重資料・保存に配慮が必要な資料類の閲覧・写真撮影。
  •  常設展示中の資料の個別熟覧・写真撮影。
  •  資料検索システムでダウンロードできる画像で、より高い解像度をご希望の場合。

特別利用の画像の提供について

特別利用については申請書が到着後、承認手続きを行い、承認が終了次第画像をお送りしますが、1週間程度の日にちがかかります。ご使用の日にちに合わせてお早めにお申し込み下さい。
申請者の都合に合わせての送付はできかねます

申請方法は以下のページをご覧ください。

資料特別利用申し込みについて

浮世絵目録と画像について

所蔵浮世絵の目録と紹介画像があります。浮世絵の利用については目録をご確認下さい。

館蔵浮世絵について

ページの先頭へ戻る

もくじに戻る

〒120-0001足立区大谷田5-20-1足立区立郷土博物館

このページに関するよくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

足立区立郷土博物館

電話番号:03-3620-9393

ファクス:03-5697-6562

Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?