• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2011年4月22日

常設展示 江戸東京の東郊

江戸東京の東郊とは

現在の足立区の原型は、江戸東京という大都市の東郊となったことから始まります。

東郊とは、江戸東京の都心部から広がる近郊地域を東西に分けて、東側の近郊という意味で、現在の足立区、葛飾区、江戸川区とその周辺を示しています。

東郊は丘陵の多い西郊に比べて、大河川の下流域にあたる平坦な地域であることが特徴です。このような東郊の特徴が、現在の足立区の発展や生活や文化を形づくっています。

東郊の範囲

東郊の範囲

郷土博物館と東郊

郷土博物館では、東郊の近代的な発展をご覧いただける展示と資料を常設しています。また、見て触れて遊べる博物館を目指しています。
ご来場を心よりお待ちしています。

施設のご案内

郷土博物館は2階建ての施設です。各階には次のような展示室があります。
各展示室の詳細は各リンクを押してください。

⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?