• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ここから本文です。

更新日:2012年3月26日

第2展示室 東郊の変貌・・

新しいまちの成立

区画整理模型

区画整理模型

戦後の人口急増は、水田の広がる農地であった東郊に、区画整理や団地建設といった大きな開発をもたらせました。道路や上下水道などの生活基盤が整い、商店街や学校といった施設も作られ、伝統的な農村的集落とは異なる新しいまちが誕生しました。

家の中のものづくり

市街地の拡大とともに東京東郊に工業が広がりました。昭和初期の工業は、家の中で家族が行うような小規模な製造業が多く、多くの業種が集まる東京東部の地の利を活かし、昭和時代を代表する産業の一つになっていきました。

工芸品から、機械の部品、玩具や文房具などの生活用品、紙袋などの消耗品、菓子などの食品まで家の仕事として行われ、なかには有力な輸出品となったものもあります。

⇒家内工業と諸産業へ

都営住宅とくらし

人口急増に対して東京都が供給した住宅には、勤め人のほか、住宅を仕事場とする職人も入居しました。また、主婦は内職をする人が多く、近隣の工場の仕事を請け負うなど、地域の産業に溶け込み、新しい住民は、新しいくらしぶりを創り出しました。

復元都住(外観)

復元都住(外観)

復元都住(台所)

復元都住(台所)

⇒常設展示メニューへ
⇒郷土博物館トップページへ

お問い合わせ

足立区立郷土博物館
電話番号:03-3620-9393
ファクス:03-5697-6562
Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?