• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 足立区立郷土博物館トップページ > 展示|足立区立郷土博物館 > 文化遺産調査企画展「谷文晁と二人の文一 時代を超える絵師ファミリー」|足立区立郷土博物館

ここから本文です。

更新日:2018年3月14日

文化遺産調査企画展「谷文晁と二人の文一 時代を超える絵師ファミリー」

谷文晁と二人の文一

概要

足立区では文化遺産調査を行っています。そうしたなか平成28(2016)年3月、谷文晁一門と在村絵師・舩津文渕に関する資料を含んだ展覧会『美と知性の宝庫 足立』を開催し、文渕と親交があった谷家の人々の画業や資料に注目が集まりました。

とくに一世谷文一(痴斎)、二世谷文一(文権・文逸)親子の足跡は、江戸・足立のみならず各地に広がっています。くしくも平成30(2018)年3月は一世谷文一が没した文化15年3月8日(1818年)から200年目の節目の年となります。

この記念の年を迎え、江戸、足立そして近郊各地に広がる谷家の画業と、新出資料をご観覧いただき、江戸と近郊の文化を捉えなおす機会となれば幸いです。

会期

平成30年3月6日(火曜日)から5月13日(日曜日)まで
(会期中、作品・資料の一部展示替を行います)

展示構成

第1章

文晁夫妻と谷家

第2章

谷家の落款印章

第3章

家族と門人の画業

主な出展資料

  • 「江東文晁之印」朱文方印 個人蔵
    江東文晁之印(外観)江東文晁之印(印文面)

 

  • 谷幹々墓石像拓本 個人蔵
    谷幹々墓石像拓本

 

  • 谷文晁《山水図》 国立市教育委員会蔵
    谷文晁《山水図》

 

  • 一世谷文一《闘飲図》 当館蔵
    一世谷文一《闘飲図》

 

  • 二世谷文一《雲龍図模本》 個人蔵
    二世谷文一《雲龍図模本》

関連資料

過去の企画展情報

過去の企画展

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域のちから推進部郷土博物館

電話番号:03-3620-9393

ファクス:03-5697-6562

Eメール:hakubutsukan@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?